kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
ほとんど図書館から借りてます。

書籍:「しかしか」

この写真集も図書館で借りました。タイトルの通り、「しか」しか写っていません。人物など「しか」以外はまったく写ってません。徹底した「しか」の写真集です。何枚かは奈良の東大寺や若草山の店前だなあと分かるお馴染みの写真もあります。




書籍:「くらべる東西」

この本も図書館で借りました。内容は、普通一般の人が知ってるような東と西の違いをあまり載せないで、へえーって驚くような東西の違いが載っていて知識向上としては面白いですが、中には「ネコって本当に東と西で違うの?」と疑問を持ってしまうのもあります。。。それと、これは出版社の本作りのセンスの問題ですが、なぜ東が左側、西が右側に載せているのでしょうか?一目見て違いを感じさせる本だと思うなのにこの構成は変です。この本の主旨からすると逆にすべきです。1300円+税と高くはない本ですが、自分はまず買うことはないと思います。



書籍:「ビートルズへの旅」

世界中のビートルズに所縁のある場所を撮り続けてきた福岡さんの写真集+解説の本です。ビートルズのファンにとって聖地のような場所の写真ばかりです。特にリヴァプールの写真は、ビートルズがこの地で演奏していた頃の佇まいを残していて感動しました。ただ、少し残念なのは、ザラザラの紙質なので、表面がツルツルの紙のようが写真はもっとよく写るのでは?と思いました。





(ご参考)
この本とは直接関係ないですが、数年前にDailymotionにアップしたThe Beatlesのアルバムです。オリジナルのアルバムはアップしても削除されますので、海賊盤です。








書籍:「ヘンな論文」

この本も図書館で借りてきました。タイトルの通り変な論文を集めて解説した本です。著者は、芸人でありながら一橋大学で非常勤講師を務めたりもするサンキュータツオ氏。日本初の大学院博士課程芸人。現在は一橋大学で非常勤講師を務めている現役の大学非常勤講師。著者はライフワークとして「変な論文を読む」のが好きなんだそうです。ただ、「変な論文」といっても、オリジナルの著者は当然ながら「変」とは思っていないと思うのですが。。本の内容としては、論文を書いた方にも申し訳ないですが、面白おかしく取り上げるなら、もっと知的に詳細な解説をすればいいと思います。全体的に、「この論文の変なところは、~ですよ。」と概要を説明しているだけの内容に思えてしまいます。この本を読みながら思い出したのは、系統が、「トンデモ本」と似てるかも。。です。あちらの方が切り込み方が科学的、知的でユーモアがあります。









(ご参考)


トンデモ本(トンデモぼん)とは、
藤倉珊が「余桁分彌(よけた ぶんや)」の筆名で発表した一連のエッセイで提唱した概念。
「著者の意図とは異なる視点から楽しむことができる本」という意味で、転じて疑似科学(エセ科学)との評価を受けている事象を真正の科学であると主張したり、オカルトを本気で主張している本、さらには単に内容がでたらめの本の意味で使われる。
ただ、公式見解は「トンデモの存在は自由な社会の証明」であるとし、日本トンデモ本大賞では、内容あるいは著者の思想や価値観に倫理的な問題がある本は「賞をあげたくないので」ノミネートしないとされ、笑えたり、楽しんだりできない場合は「トンデモ」の定義からはずされるとのこと。その例として、人の不幸をすべて前世の悪行の報いとみなす前世本や、誤った出産法を提唱して新生児の赤ちゃんを死亡させたカルト系育児セミナー代表の著作や、近々大規模テロがあると主張するなど物騒な内容の本を挙げている[3]。
1992年に、トンデモ本に関する「と学会」が結成され、毎年、日本トンデモ本大賞を選定している。と学会のエンブレムには「THE ACADEMY OF OUTRAGEOUS BOOKS」の文字が記されている。「OUTRAGEOUS」は、「乱暴な」、「不法な」、「けしからぬ」、あるいは「あきれるほどの」の意味。




書籍:「忌野清志郎 デビュー40周年記念号」

この本も図書館で借りました。本自体は2010年度版で少し古いです。この本は、忌野清志郎さんの生い立ちから活動まで詳しく解説されています。音楽家としてだけでなく芸術家としてのすごさも感じることができます。この本のには忌野清志郎さんの実物の「落書きノート」の写真がよく載っていますが、学生時代の授業中に書いたと思われます。その中で、授業科目に対しての単位数、その横には欠席した数の「正」の文字が書かれてあります。まさしくこれは、「学校をあと何日休めるか」をこのノートで綿密に計算していたようです。やっぱり、すごい人。忌野清志郎さんについては、個人的には、「僕の好きな先生」、「ダーリンミシン」などが初期の歌が好きです。







👇 (ご参考)数年前にDailymotionへアップした動画です。





*Dailymotionは広告が多く観るのに時間かかると思います。YouTubeでも観ることができますので、そちらの方がいいかもしれません。