kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「ベーシック財務諸表入門 」

この本も図書館で借りました。内容は、財務三表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)の基本から、国際会計基準(IFRS)のまで幅広く解説されています。特に国際会計についてはこの本の半分のページを割いています。また、「実践編」では、実際の決算書を使って、学んだことを復習することになっています。この本のサイズでは仕方ないですが、決算書と解説が同じページであればもっと見やすいと思います。巻末…

書籍:ゼロから始める「会社で役立つ」簿記入門

この本も図書館で借りました。内容は、社会人となって経理部へ配属される人だけでなく、営業、技術、企画部でも部署をとわず会社で勤める碑とは最低限これだけは知っておくべきことを分かりやすく説明しています。3級をとろうとしている人が3級の参考書を読む前にさっとこの本を読むと理解しやすいのではないかと思います。この本の半分くらいは使った経費をどう仕訳するのかに詳しく説明していますので、社会人になっていない…

書籍:「日本一やさしい「決算書」の読み方」

この本の図書館で借りました。決算書を「時計回り」で読むことを強調した本ですが、決まりとして右側に負債、左側に資産なので、借入したお金がどのように使われ、運用されているかを見るには誰でも目の動きとして時計のように右側から左側へ回り込むように自然と読んでいっていると思いますが。。。すべてのChapterは見開き2頁で解説されていて、そのChapterの理解度チェックもついています。キャッシュフローの…

書籍:「見仏記 」

社寺仏閣巡りが好きなので、これも図書館で借りた本ですが、さすがに仏像に関する内容はレベルが高いと思います。いとうせいこう氏とみうらじゅん氏のヤジキタ道中記、JRの車中、田舎のホテルなどでの会話内容は読んで笑えます。これを読めば少しでも社寺仏閣に興味をもつようになると思います。 【4K】新TV見仏記 4K版トレーラー~みちのく岩手編・みちのく山形編~

書籍:「ドコノモン」

この本も図書館で借りました。本のタイトルの「ドコノモン」とは何か。それは「ドコモモ(DOCOMOMO)」に敬意を払ったパロディですが、建築の裏側にある事実を面白く解説できるのは、著者が建築史家ならではと思います。大阪では知らない人はいない複合施設、「レジャービル味園」も載っていました。 DOCOMOMO(ドコモモ、英: International Working Party for Docume…

書籍:「世にもふしぎな極上ワンダーランド」

この本も図書館で借りてきました。内容は、一風変わった建物、美しい自然の景色など、ウソのような本当の風景を世界中から選りすぐって集めらています。各写真には解説がついています。また、本当に写真?と思うのも載っています。この本の印刷はすべてマット調になっているので、どうせなら実際の写真に近いツルツルした印刷で見たかったと思います。

書籍:「1980年大百科―昭和50年~59年」

この本も図書館で借りてきました。内容は原宿竹の子族、なめネコ、漫才ブーム、インベーダー、パンクニューウエーブ、日本のロックシーン、ディラン来日、YMO,スターウォーズ、オールナイトニッポン、ミスDJ、キン消し、LSIゲーム、猪木、タイガーマスクなど1980年代(昭和50年から59年)の百科辞典です。自分が持っていたおもちゃが載っていて懐かしくあの頃を思い出します。ただ、隅々まで詳しく見ると、90…

書籍:「一生モノの英文法 COMPLETE」

「一生モノ」という壮大なタイトルだったのでどんな内容かと思いに魅図書館で借りてみました。表紙の立派さと厚みからハイレベルな英文法の解説書かと思いました。しかしながら、本書の中で、と著者は「中学生でも1年生の内容を終えておれば読みきれるず。」と書いています。さて、中身を確認しましたが、この本は一貫して文構造の理解の重要性を説明しています。もちろん、英文法に関する全ての項目は網羅されており、常に文法…

書籍:「英語の看板がスラスラ読める 」

久しぶりにいい本に出会いました。図書館でこの本を手にとって中身をパラパラとみたら、看板、標識の実際の写真がたくさん載っていて、これはTOEICの写真描写問題の対策本では?と思って借りて読むと、そうではなく海外のあらゆる看板について1冊まるごと看板の解説本です。 タイトルに「英語の看板がスラスラ読める」と掲げられている通り、街中に立っている交通標識、企業の看板広告、それから我々が海外旅行に行く際に…

書籍:「信貴山むかしばなし」

この本も図書館で借りました。信貴山縁起絵巻を元にした物語絵本で、内容は、「飛びゆく倉」「帝の病い」「老尼の旅」の3部に分かれています。本のサイズは11.8×14.7cmととても小さく絵本となっていますが、文章を読むと子供用ではないようです。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/

書籍:「生きる」

この本も図書館で借りました。途中で一人になった以降も希望を捨てず孤独と戦いジャングルで生きていく帝国の軍人。本のタイトル通り「生きる」とはどういうことかについて、小野田さんの考えを明確に書かれた本だと思います。 小野田少尉の30年戦争

書籍:「原発報道とメディア」

この本も図書館で借りました。内容としては深く調査していると思います。本のタイトル の「メディア」には、マスメディアだけでなく、TwitterなどのSNSについても言及されていて深く調査されています。ただ、この本全体として、著者の何か1つ訴えるものがバラバラのような気がします。従って、各章をみて自分が興味あるところを読んだほうがいいと思います。また、学校の宿題などでちょっとしたレポートを書くには役…

書籍:「語源の音で聴きとる! 英語のリスニング」

この本も図書館で借りました。内容は、本のタイトルには、「英語リスニング」となっていますが、リスニング能力をアップする前にまず、語幹の意味を基本から学習し、英単語を力を伸ばす本だと思います。この本での致命的な問題は、発音がカタカナ表記であること、リスニングの本なのに各単語の発音記号は一切書かれていない。また、英語が縦書きなのでとても読みにくいです。ただ、この本で解説されている語源を理解すれば英単語…

書籍:「クー・クラックス・クラン: 白人至上主義結社KKKの正体」

この本も図書館で借りました。今までにKKKについての本を読んだことはありますが、ミステリアスに書かれているものばかりでしたが、この本は真面目に歴史、変遷、意味など詳しく解説されています。ただ、過去の資料を基に作成されており、最新の情報や現役のメンバーへインタビューするような内容は書かれていません。 The KKK vs. the Crips vs. Memphis City Council (F…

書籍:「さっと出てくる」日常英語6000

この本も図書館で借りてきました。日常で使う表現が6000も載っているとさすがに使える表現や言いたい表現がありますが、英語から日本語への索引がついていないのが、とても残念です。載っている例文は、本のタイトルが日常とあるように、口語レベルの感じです。また、6000全部の例文をすべてチェックしたわけではありませんが、著者がネイテイブの割には、日本人が考えた英文では?と思うような文も少しありました。また…

書籍:「世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術」

この本も図書館で借りてきました。タイトルに「グロービッシュ・・・・」となっていますが、決してグロービッシュを実際に身につけるための学習教材ではないです。 筆者が提唱しているGlobish(1500語のBasic Wordと基本構文)がビジネス・シーンの標準語となれば異文化の中で相互に理解するストレスが大幅に軽減されると思います。Engishとは別に、GlobishがビジネスでのStandardと…

書籍:「サバイバル英文読解」 2/2

1/2の続きです。この本のポイントを箇条書きでまとめてみます。 *英文の中で主張を見抜くには、否定文の後をじっくり読むこと。 *Butの代わりに主張を導く表現:not A. Instead B. not A. Indeed B. not A. Rather B. not only A but also B, not only A. Also B.(butが消える) *文中でthanがある=必ず対…

書籍:「サバイバル英文読解」 1/2

この本も図書館で借りました。内容は英文の読み方の解説ですが、まず最初の約10ページでこの本の説明がくどく長すぎる。ページ数がもったいない。次に基本的な英文法は省いてあるので英語初心者には難しく感じると思います。また、ある程度英語を勉強した人、得意な人には知っている内容、当たり前な内容だと思います。どのレベルの英語力の層をターゲットにしたのか不明です。しかしながら、文章は読みやすく、通勤途中の行き…

書籍:「似ている英語」②

この本も図書館で英語のコーナーにあり、表紙の写真が綺麗だったので借りてきました。英単語の中には、日本語にすると同じ、又は似ている。でも、英語では別の意味。どこがどう違うのか? と改めて聞かれると詳しく説明できない単語があると思います。 この本は、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げています。 それぞれの意味…