kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:わかりそうでわからない! 英語の「ひとこと」表現990

この本も図書館で借りました。本書は、英語の会話でよく使われながら「日本人にはわかりそうでわからない」フレーズや表現を集めたものです。“After you.”「お先にどうぞ」のように、その意味がわかれば「なるほどね」と思えるものから“He is a wet blanket.”「彼は座を白けさせる奴だ」のような面白い表現まで詰まった一冊です。中学生レベルの英単語2〜4語からなるフレーズで、よく使われ…

書籍:「これで読めるエコノミストの英語―読んで楽しいキーワード付き」

10年以上前に買った本です。雑誌「The Economist」の英語を読むための本ですが、記事に対して和訳と単語の意味を載せているだけで、読み方のコツや文法の解説はありません。教科書のイメージです。この本で、すぐに「The Economist」が読めるようにはならないです。「The Economist」を読み込むためには英語力アップの前に、日本語でいいので経済関係の書物、新聞、海外の歴史、文化関…

書籍:「発信型英語スーパー口語表現」

この本は図書館で借りた本ではなく、「口語表現」と書かれたタイトルが気になって10年に以上前に買った本です。裏表紙には、「TIMEやNewsweek、映画をエンジョイできる。」と「TOEIC,TOEFL、英検1級の高レベルをねらう方におすすめ」など書かれてある通りレベルはかなり高いと思います。英語を使って仕事をするようになった最初の頃はこの本に否定的でした。こんな難しいイデオムを知らなくなってもっ…

書籍:「英語論文基礎表現717」

この本も図書館で借りました。 英語で論文を書きはじめていて、基礎的な表現に悩んでいる方にはこの本は役に立つと思います。「AはBである」「AはBのようである」「AはBであると考えられる」の表現を少し変えたパターンが主で、あとは「結論的には」「全部で」「このようにして」の副詞句的なものが載っています。ある特定の分野の英語論文を読み・書きするための表現が集められているわけではなく、どの分野でも使われる…

書籍:「究極の超難語『タイム』1001ワード」

かなり前っですがTIMEを読んで英語を勉強していた頃に買った本です。TIMEを理解するのに必要な超難語の1001個の重要英単語ということですが、超難しいというほどではなく、TIMEを読む目的以外にもハイレベルを目指すなら覚えておくべき単語でTIMEでよく出ている単語ばかりです。1つの重要英単語につき、大体2個の英文が載っており、それを読み上げたCDが2枚付属されています。TIMEの英文が吹き込ま…

書籍:「この84パターンで世界中どこでも通じる英会話 基本カンタン編 」

図書館で借りてみました。確かに使えるパターンは多く、この本でCDも繰り返し聴いて学習すれば旅行の際に役立つと思います。ただ、タイトルに世界中と記すなら、アメリカ英語、イギリス英語の言い方の違いを少しでいいので載せたらいいと思います。この本に載っている英文は学校の教科書に出ている文です。「通じる」というだけの面から言うと確かに通じますが、世界中、英語を使う国はたくさんありますが、相手がこの本の英文…

書籍:「使ってはいけない英語」

これも図書館で借りた本ですが、よくある「使ってはいけない」パターンの本です。Would you mind...が慇懃無礼とか、How are you?と言うネイティブは1人もいないとか、書かれている内容は、今はこの手の本はたくさん販売されていますので特に目新しい内容はないです。ただ、覚えてきおくべき基本的な内容ばかりなので10以上前の本ですが、読んで古さは感じませんでした。なぜ、日本人の使う英語…

書籍:「英会話失敗の法則108」

表紙も中身も完全にカラーで面白そうだったので図書館で借りてきました。ここまでカラフルだとマンガを読む感じです。この本は一見、初心者向けかと思うかもしれませんが、内容は深いところまで解説しています。今までウヤムヤにしてきた疑問を108の質問形式で構成しています。この本で解決する内容も多々載っています。この本で使われている英語はすべて優しく中学1年生でも十分理解できると思います。この本は借りてきた2…

書籍:「これを英語で言いたかった! 英会話イーオンの名物講師が教える、とても簡単な通じる英語表現 」

この本も図書館で借りました。内容は、日本人が間違えやすい英文と正しい英文を並べて一頁でそれを解説をする、というものですが、本書は日本人がどういう状況でどういう風に言おうとして間違えたのか、エピソード一つ一つが具体的に書いてあるので、とても分かりやすいです。 時制について「いま」ではないんだけど、日本語の「会社に勤めています。」「~に住んでいます。」の~しています。につられて、つい進行形表現を使っ…

書籍:「誤訳の典型」

この本も図書館で借りました。 今は様々な英語の誤訳の解説本が販売されていますが、その多くの日本人がよく間違う英語をおもしろく取り上げた本です。しかしながら、この本はそのようなタイプの本とは違います。昭和チックな表紙のイメージから高度で難しい内容かと思いましたが、そんなことはなく読みやすい言葉で書かれていて、詳細にかつ論理的に誤訳を指摘しきっちりと解説しています。 面白いと思ったのは、著者は下記の…

出版「英文校正会社が教える 英語論文のミス100」

この本も図書館で借りました。英文校正会社が論文英語のミスを徹底的に網羅し出版した本。但しほとんどが医療や自然科学系の内容であり、人文科学系や社会科学系の英文は載っていないです。基礎から中級以上までどれの重要なポイントを詳しく解説されています。前半は一般的な本でよく売っている「英文ライテイング関係」の本の内容とほぼ同じ。英語でビジネスメールでやり取りをするときの気を付けるべきポイント、あやふやな代…

書籍:「逆転の英文法 ネイティブの発想を解きあかす」

この本も図書館で借りました。内容は英文法全般ではなく名詞と動詞に限っているのでかなり深い内容ですが、前置きが長くページ数を増やすためか日本語の表現が冗漫。大学で英語を専攻している学生や,すでに英語が使える人にとってはこの本で読む内容ではないと思います。 第一章の冠詞のつかない普通名詞の解説については犬の概念がどうだとかイラストも含めてかなり哲学的になっています。また、過去形や完了形の時制に関する…

書籍:「図解でわかる! 伝わるプレゼン」

この本も図書館で借りました。比較的新しい本だと思います。パワポをつかったプレゼン関係の本はたくさん出版されていますがそれらの本の多くはページ内の文字数や分かりやすいグラフ配置、色使いなど資料の作り方に重点を置いた内容です。この本はその前段階である「内容の作成のポイント」について詳しく書かれています。図解入りでとても読みやすい解説です。会社で日常的にプレゼンが必要である人は読む価値は大いにあると思…

書籍:「京大院生が書いた イメージでつながる英熟語」

この本も図書館で借りました。著者は当時京都大学大学院の修士課程2年生として認知言語学を学ぶ学生が書いた本。英熟語の意味を丸暗記するのではなく、認知言語学を理論的 背景として、核となる前置詞のイメージから様々な英熟語の意味を理解できるようになることを目的としています。イメージをイラストで説明しているので頭に入りやすい。 しかしながら、本のタイトルは「英熟語」となっていますが、詳しく解説されているの…

書籍:『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』

この本も図書館で借りました。著者はなんと満点の990点を25回以上も取り続けるという恐るべき人。ここまでくるとTOEICを受ける行為も含めTOEICそのものが好きなんだろうと思います。また、著者は自分の英語能力について、TOEICはリーデイングとリスニングのテストなので、英会話が流暢なわけではありませんと正直に本の中で話されています。確かにその通りだと思いますが、TOEICでもこのくらいのスコア…

書籍:「新英文法概説」

この本も図書館で借りました。内容は、「文中での機能」という点に着眼して英文法全体を解説しています。2部構成になっていて、パート1では、5文型の代わりに「述部」に着目した文型分類を提案し、文中で句がどのように形成され、それぞれの句が主部・述部・修飾部のどれとして機能しているかを解説しています。 パート2では、品詞を主部になれる品詞と主部になれない品詞に大別して、それぞれの品詞が文中でどのような機能…

CD ::チャックベリーのCD:Chuck Berry「 Hail! Hail! Rock 'N' Roll」

チャックベリー のCD : Chuck Berry ‎「 Hail! Hail! Rock 'N' Roll」 です。ストーンズのキース・リチャーズ、エリック・クラプトン、ジュリアン・レノン、ロバート・クレイ、リンダ・ロンシュタットら超豪華ゲストのライブ盤。音質は良好です。 チャックベリーのCD:「 Hail! Hail! Rock 'N' Roll」 収録曲: 1 Maybellene 2:3…

CD:チャックベリー CD Chuck Berry 「From St. Louie To Frisco」

チャックベリーのCD,「From St. Louie To Frisco」です。このマーキュリーからの第4弾アルバムは、書き下ろしの新曲12曲(当時)を揃えたスタジオ・レコーディング・アルバム。後にライヴ・ヴァージョンで全米1位のヒットを記録する「マイ・ディンガリング」の原曲「マイ・タンブリン」収録。 収録曲; 1: Louie To Frisco 2: Ma Dear 3: The Love …

CD:チャックベリー CD / Chuck Berry 「 After School Session」

ロックンロールの神様と呼ばれ、その後のアーティスト達に大きな影響を与えたチャック・ベリーが1957年にリリースした記念すべきファースト・アルバム 『After School Session』 です。チャック・ベリーの代表曲はビーチ・ボーイズやビートルズ、ローリング・ストーンズを始め数多くのロック・ミュージシャンにカバーされています。るのでオリ シカゴ・ブルースの重鎮、マディ・ウォーターズの口利き…

書籍:「生駒の神々 現代都市の民俗宗教」

この本も図書館で借りました。かなり前に出版された1985年度版です。内容は大阪近郊にあたる生駒山一帯に数多の宗教施設があり、多彩な活動が行われていること、特に朝鮮寺と呼ばれる在日コリアンのための寺院が集中し、民族色の濃い祭礼が生き続けていることが書かれています。しかしながらこの本の出版から30年以上経過した現在は、生駒の神々として老舗の石切神社、宝山寺、朝護孫子寺も、参詣者が1990年頃をピーク…