kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「1980年大百科―昭和50年~59年」

この本も図書館で借りてきました。内容は原宿竹の子族、なめネコ、漫才ブーム、インベーダー、パンクニューウエーブ、日本のロックシーン、ディラン来日、YMO,スターウォーズ、オールナイトニッポン、ミスDJ、キン消し、LSIゲーム、猪木、タイガーマスクなど1980年代(昭和50年から59年)の百科辞典です。自分が持っていたおもちゃが載っていて懐かしくあの頃を思い出します。ただ、隅々まで詳しく見ると、90…

書籍:「英語の看板がスラスラ読める 」

久しぶりにいい本に出会いました。図書館でこの本を手にとって中身をパラパラとみたら、看板、標識の実際の写真がたくさん載っていて、これはTOEICの写真描写問題の対策本では?と思って借りて読むと、そうではなく海外のあらゆる看板について1冊まるごと看板の解説本です。 タイトルに「英語の看板がスラスラ読める」と掲げられている通り、街中に立っている交通標識、企業の看板広告、それから我々が海外旅行に行く際に…

書籍:「信貴山むかしばなし」

この本も図書館で借りました。信貴山縁起絵巻を元にした物語絵本で、内容は、「飛びゆく倉」「帝の病い」「老尼の旅」の3部に分かれています。本のサイズは11.8×14.7cmととても小さく絵本となっていますが、文章を読むと子供用ではないようです。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/

書籍:「生きる」

この本も図書館で借りました。途中で一人になった以降も希望を捨てず孤独と戦いジャングルで生きていく帝国の軍人。本のタイトル通り「生きる」とはどういうことかについて、小野田さんの考えを明確に書かれた本だと思います。 小野田少尉の30年戦争

書籍:「原発報道とメディア」

この本も図書館で借りました。内容としては深く調査していると思います。本のタイトル の「メディア」には、マスメディアだけでなく、TwitterなどのSNSについても言及されていて深く調査されています。ただ、この本全体として、著者の何か1つ訴えるものがバラバラのような気がします。従って、各章をみて自分が興味あるところを読んだほうがいいと思います。また、学校の宿題などでちょっとしたレポートを書くには役…

書籍:「語源の音で聴きとる! 英語のリスニング」

この本も図書館で借りました。内容は、本のタイトルには、「英語リスニング」となっていますが、リスニング能力をアップする前にまず、語幹の意味を基本から学習し、英単語を力を伸ばす本だと思います。この本での致命的な問題は、発音がカタカナ表記であること、リスニングの本なのに各単語の発音記号は一切書かれていない。また、英語が縦書きなのでとても読みにくいです。ただ、この本で解説されている語源を理解すれば英単語…

書籍:「クー・クラックス・クラン: 白人至上主義結社KKKの正体」

この本も図書館で借りました。今までにKKKについての本を読んだことはありますが、ミステリアスに書かれているものばかりでしたが、この本は真面目に歴史、変遷、意味など詳しく解説されています。ただ、過去の資料を基に作成されており、最新の情報や現役のメンバーへインタビューするような内容は書かれていません。 The KKK vs. the Crips vs. Memphis City Council (F…

書籍:「さっと出てくる」日常英語6000

この本も図書館で借りてきました。日常で使う表現が6000も載っているとさすがに使える表現や言いたい表現がありますが、英語から日本語への索引がついていないのが、とても残念です。載っている例文は、本のタイトルが日常とあるように、口語レベルの感じです。また、6000全部の例文をすべてチェックしたわけではありませんが、著者がネイテイブの割には、日本人が考えた英文では?と思うような文も少しありました。また…

書籍:「世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術」

この本も図書館で借りてきました。タイトルに「グロービッシュ・・・・」となっていますが、決してグロービッシュを実際に身につけるための学習教材ではないです。 筆者が提唱しているGlobish(1500語のBasic Wordと基本構文)がビジネス・シーンの標準語となれば異文化の中で相互に理解するストレスが大幅に軽減されると思います。Engishとは別に、GlobishがビジネスでのStandardと…

書籍:「サバイバル英文読解」 2/2

1/2の続きです。この本のポイントを箇条書きでまとめてみます。 *英文の中で主張を見抜くには、否定文の後をじっくり読むこと。 *Butの代わりに主張を導く表現:not A. Instead B. not A. Indeed B. not A. Rather B. not only A but also B, not only A. Also B.(butが消える) *文中でthanがある=必ず対…

書籍:「サバイバル英文読解」 1/2

この本も図書館で借りました。内容は英文の読み方の解説ですが、まず最初の約10ページでこの本の説明がくどく長すぎる。ページ数がもったいない。次に基本的な英文法は省いてあるので英語初心者には難しく感じると思います。また、ある程度英語を勉強した人、得意な人には知っている内容、当たり前な内容だと思います。どのレベルの英語力の層をターゲットにしたのか不明です。しかしながら、文章は読みやすく、通勤途中の行き…

書籍:「似ている英語」②

この本も図書館で英語のコーナーにあり、表紙の写真が綺麗だったので借りてきました。英単語の中には、日本語にすると同じ、又は似ている。でも、英語では別の意味。どこがどう違うのか? と改めて聞かれると詳しく説明できない単語があると思います。 この本は、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げています。 それぞれの意味…

書籍:「似ている英語」①

この本も図書館で英語のコーナーにあり、表紙の写真が綺麗だったので借りてきました。英単語の中には、日本語にすると同じ、又は似ている。でも、英語では別の意味。どこがどう違うのか? と改めて聞かれると詳しく説明できない単語があると思います。 この本は、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げています。 それぞれの意味…

書籍:「経済用語図鑑」

この本も図書館で借りました。久しぶりに買ってもいいかなと思った本です。「図鑑」というだけあって、経済用語をわかりやすく、図、イラストで解説しています。小学、中学生でも理解できると思います。この本でアウトラインを理解して、次に難しい本を読むための基礎知識の本として使えば有効的だと思います。

書籍:「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」

この本図書館で借りました。子育てに翻弄するダース・ベイダーと息子ルーク、 絵をみているだけでも微笑ましくて気持ちが安らぎます。ほんわかします。 スターウォーズファンを知っているからこそ分かるパロディもありますが、知らない人で子育てをした経験のある方は、4才ってこんな感じだったかなあと懐かしく感じると思います。本のタイトルは「」かっこをつかって4才としていますが、原本のほうは、Darth Vade…

書籍:「世界の路地」

この本、というか写真集ですがこれも図書館で借りてきました。当然ながら写真集なので詳しい解説はなく美しい世界の路地裏を鑑賞していくものです。路地と聞けば、建物の間にある狭い小道、と思っていましたが、こんなに道幅や食事がdけいるほどスペースがあっても路地なんだと世界は広いとつくづく思います。ページ数も多くサイズはコンパクトでいいと思います。個人的には、青い壁の「シャウエン/モロッコ」の写真がお勧めで…

書籍:「休息びより」

この本も図書館で借りました。警戒心なくすやすや眠っている格好を見るとても 癒されます。こちらまで眠くなってきます。。。

書籍:⑥【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

この本に載っている、「畝傍山麓で、村や神社まで移動させる天皇陵の壮大な引越しが行われていた!」」は興味深い内容です。「天皇陵を見下ろす場所に神社があってはならない」のが理由とこの本に書かれています。 去年、畝傍山にある「畝火山口神社」「東大谷日女命神社」などの神社巡りをしましたが、けっこう山の上の方になり、天皇陵よりは高い位置だったと思うのですが。。。 👇【東大谷日女命神社】(ひがしおおたにひ…

書籍:⑤【奈良「地理・地名・地図」の謎】内容確認

奈良県大和郡山市矢田町にある式内社、「矢田坐久志玉比古神社」(やたにいますくしたまひこじんじゃ)、プロペラ神社のことで、よく知られている有名な神社です。「謎」というほどでもないです。 「矢田坐久志玉比古神社」(やたにいますくしたまひこじんじゃ)は、奈良県大和郡山市矢田町にある式内社、別名「矢落(やおち)神社」。延喜式神名帳に記載されている大和国添下郡十座の筆頭社で式内大社。 祭神である櫛玉饒速日…