kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「TOEIC Testリスニング徹底攻略」

この本は過去に買ったものです。TOEICのヒアリング強化のための本で、聞き方のコツを解説しています。CD2枚付きです。リアリングをする際、文章のパターンが大きく3つに分けることができます。①直接導入型 ②一般論否定型 ③一般論推進型です。この3つがあることを頭に入れて、英語を聴きます。この3つには、必ずキーワード、キーセンテンスがり、その位置パターンは決まっています。で、このキーワード、キーセン…

書籍:「モラハラ環境を生きた人たち」

この本も図書館で借りてきました。今は書店や図書館でもこの手の本はよく目につくようになりました。この本を、過去にモラハラを受けていて今は克服した人が読めば、心が落ち着く内容だと思います。しかしながら、現在、モラハラを受けている人、または最近まで受けていた人が読めば、逆に思い出して辛くなるのでは?と思います。また、実際、モラハラは人によって状況も感じ方も違いますので、この本の中から何か対処法を見出す…

CD:「The Beatles ‎– All The Songs The Beatles Gave Away 1963-1990」

このCDは数年に買ったCDです。4枚組のブートレッグ(海賊盤)です。全部で120曲収録されていますが、この内30曲は正規テイクとほんの少し違う部分だけを収録しています。従って、曲によっては数秒だけの収録もあります。全部の曲において音質は悪いです。マニア向けのCDです。もう日本では売ってないと思います。 動画で曲の一部を紹介したいところですが、数年前にYouTubeにアップしていた動画が削除されて…

CD:「'69 Rehearsals / The Beatles」

このCDは図書館で借りたのではんく、近所のスーパーで売ってたので買ったCDです。昔から海賊盤レコードで売られていた音源をリマスターしたCD。音質は悪くなく、「GETBACK」が少しずつ完成していく様子を聴くことができます。

書籍:「Trip Advisor(トリップアドバイザー)行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット」

この本も図書館から借りてきました。よくある旅行スポットの案内本のように思えますが、旅行口コミサイト・トリップアドバイザーと、マップルのコラボの本で、実際に外国人観光客が訪れて「素晴らしい!!」と感じた観光スポットがランキング形式で掲載されています。1位は、京都の伏見稲荷大社。外国人のお薦めコメントも付いています。 さて、この本が役立つのは、日本に来る外国人を案内したりする仕事をしている人か、日本…

CD:「Rock and Roll Jam Sessions/ Paul McCartney & Denny Laine」

このCDはブートレッグ(海賊盤)です。かなり前に買ったCDです。セッションやLIVEの寄せ集めです。音質はかなり悪いです。曲名についてもCDのライナーには、(?)がついているものがあります。下記のDailymotionの動画は数年前にこのCDをアップしたものです。(最初はYouTubeへアップしましたが、数年後にアカウント自体を削除されました。) 1.Sail Away on the Sea o…

CD:「THE BEATLES LIVE IN JAPAN 1964」

このCDはブートレッグ(海賊盤)です。1964年6月30日と7月1日の日本公演でのLIVE盤です。音はモノラルで悪くこもったような感じです。2日間の公演で歌った曲を1から22まで書いてますが、一部、間違っています。この程度の音源であればネット上動画で無料で観ることができます。 収録曲; 1 Rock & Roll Music 2 She's A Woman 3 Day Tripper 4 If …

CD:「GET BACK / THE BEATLES」

このCDは、図書館で借りたのではなく、かなり前に買ったCDです。 ザ・ビートルズ「ゲット・バック」(1969)。ロック史上最も有名な幻のアルバムのファースト・ミックス。 ビートルズが"原点に戻ろう"というコンセプトのもと、制作がはじまった"ゲット・バック・セッション"。その音源を元にアルバム制作をビートルズから依頼されたグリン・ジョンズは、莫大なセッション音源から1969年5月28日にようやくア…

CD:「ROCK THE ROCK / SHEENA & THE ROKKETS」

このCDも図書館で借りました。今ではシーナの声を生で聞くことができないのでこのCDを聴くと懐かしく当時を思い出します。 1. ジャングル・オブ・ラブ 2. ロッキー・ロード 3. 天国はあるけど天国には誰もいない 4. バキューム・トラック 5. ウー・メリー・クリスマス  6. アイ・ウォナ・ビー・ラブド 7. うそつき人間 8. アイ・キャント・キープ・フロム・クライン・サムタイムズ 9. …

CD:「HAPPY HEADS / 忌野清志郎」

このCDも図書館で借りました。懐かしいCDです。レンタル屋ではこのCDは古いので置いてないのではないかと思います。図書館では以外と古いCDとういか、自然にレアになったCDもあるのでたまに借ります。これも今は映像をネット上の動画で観れます。  1. WATTATA(河を渡った) 2. RAZOR SHARP・キレル奴 3. RUBY TUESDAY 4. E-JAN 5. BAKANCE 6. S…

書籍:「縁側のある家と暮らし」

この写真集も図書館で借りました。昔ながらの日本家屋が少なくなった現代でも 「縁側」にあたる場所は残っています。この写真集は縁側のある家に暮らす12の家族に取材した内容です。載っている内容は、「食を軸に豊かに暮らす築90年の日本家屋」「クリエイターに済み継がれてきた鎌倉の邸宅」「ゆったりとした時間が流れる築70年の静かな家」「急斜面の丘に建つ「筏の家」」「建築家と建てた真っ白なフラットハウス」「6…

書籍:「現代日本語 初級総合講座 発展変」

この本も図書館で借りてきました。以前のこの本の前の「現代日本語 初級総合講座」も読みましたが、この本の位置づけもよくわかりません。日本語という主語を主語を省いて表現する特有な言語を日本人が英語を使って外国人にどう教えるのかが知りたいのですが、この本を読むと、会話文があり、その横にボキャブラりーの説明があります。また、「文法ノート」の部分がありますが、ここは文法の解説というより、特有の言い回しなの…

書籍:「新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間 」

この本も図書館で借りました。内容は、1週間の速読プログラム(P6,7)に沿って実1冊の本を15分で読めるようになることを説明したものです。「新書1冊」ってざっくりといわれても、簡単な内容からじっくり読む本まで様々だとは思うのですが。。この本で速読できるようになったけれども、今までの読み方より内容が頭に入っていなかったら本末転倒です。この本自体は薄っぱらい内容なので15分で読めます。。

書籍:「塀の中の少年たち 世間を騒がせた未成年犯罪者たちのその後 」

この本も図書館で借りました。序章であの元少年Aの「絶歌」から、「サムの息子法」(Son of Sam law. 1977年にアメリカ合衆国ニューヨーク州で制定された法である。犯罪加害者が自らの犯罪物語を出版・販売して利益を得ることを阻止する目的で制定された。)の解説があり、色んな雑誌に寄稿したものをまとめたものです。早い段階で実名報道に切り替えられた「小松川高校事件」1958年(昭和33年)を事…

書籍:「若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」

この本も図書館で借りてきました。内容は連合赤軍の事件が起こった時代背景と「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の映画の解説です。 ベトナム戦争、パリの5月革命、文化大革命、日米安保反対闘争、世界がうねりを上げていた1960年代。学費値上げ反対運動に端を発した日本の学生運動も、安田講堂封鎖、神田解放区闘争、三里塚闘争、沖縄返還闘争など、農民や労働者と共に、社会変革を目指し、勢いを増していった。活動…

書籍:「ホラー映画クロニクル」

この本も図書館で借りてきました。この本は以前に出版されたもので内容は古いですが、当時のホラーのB級映画からアジア、欧州のホラー映画まで、広範囲にわたって載っています。ホラー映画の変遷と全体をみるには役に立つと思います。この本に載っている写真を眺めていると古い映画はホラー映画に限らず味があるなあと感じます。後半は白黒印刷で全ページがカラーではないのが残念です。

書籍:「かんさい絵ことば辞典」

この本も図書館で借りました。タイトルは「かんさい」ですが、載っている言葉を全部確認するとやっぱり大阪弁がメインのようです。タイトルが「かんさい」だったので、大阪意外の奈良弁、兵庫弁なども載っているのかと思いましたが。。。また、今の大阪では使わない言い方も載っています。この本の真ん中あたりで「関西名所すごろく」がありますが、奈良や三重も載っています。関西といっても、大阪とどの県が関西になるのか明確…

書籍:「ふたつの嘘 沖縄密約」

この本も図書館で借りてきました。内容は、毎日新聞社政治部の西山太吉記者の妻と、情報公開訴訟という側面から国家の嘘を明らかにしようと闘った弁護士との、2人の女性に焦点をあてて、沖縄密約が一人のジャーナリストの不義問題に矮小化されてしまった事件内容をもう一度見つめ直すルポルタージュです。この本の著者は朝日新聞の記者だけあり、密約問題の歴史的経緯や当事者たちの苦悩をとても読みやすい文章で書いています。…

書籍:【奈良「地理・地名・地図」の謎】

書籍:【奈良「地理・地名・地図」の謎】 この本は図書館で借りたのではなく安かったので買いました。とてもやさしい文章で読みやすいです。高野山(こうやさん)熊野(くまの)までフリガナがふってあり、おそらく地理・歴史好きの小学生から中学生向けだと思います。内容は、奈良の地理や地名、地図から見える意外な歴史や真実を謎解きのかたちで書いてあります。1つの謎に対して、2から5ページ程度で説明しています。本の…

書籍:「現代日本語 初級総合講座」

この本も図書館で借りてきました。この本の位置づけはよくわかりません。日本語テキストのと表紙の上部に書かれてたので、おそらく、詳しい解説や重要なこと、覚えておくべき言葉など大事なことは、先生が解説するような仕組みになっているのかもしれません。日本語の会話文があって、単語の説明が少し載っていて学校の教科書のような感じです。それにしても、この本の内容から日本語の「初級」って、英語の初級に比べるとかなり…