kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

雑誌:「TIME」

                            雑誌「TIME」を読むには英語力が必要なのは当然ですが、それ以前に「一般常識」の知識に加え、「諸外国の政治、歴史、法律など」の知識が必要です。しかも記事のタイトルは、それらの知識を踏まえた上で、比喩的な表現をします。自分は今でもスラスラ読むことができません。唯一、意味がすんなりと理解できるのは、アメリカと日本との外交記事で、しかも太平洋戦争…

書籍:「ツレがうつになりまして。」

この本も図書館で借りてきました。数年前に出版された本で映画にもなりました。現在、回復している人が読めば、明るい気分で楽しむことが出来ると思いますが、現在、進行中の人は逆に苦しくなるのでは?と思います。以前、この映画も観ましたが、もしかすると、「ツレ」さんは、元々、軽い高機能障害だったのではないかと、この本に書かれている「ツレ」さんの行動からそのように感じました。本としては、「うつ」についてとても…

書籍:「お稲荷様って、神様?仏様?―稲荷・地蔵・観音・不動/江戸東京の信心と神仏」

この本も図書館で借りました。内容は、寺院・神社にまつられている神仏、東京で人気の稲荷・地蔵・観音・不動についてわかりやすく解説した本です。東京の社寺仏閣なのですぐ確認にいけないところが悔しい気持ちです。大阪にも稲荷神社はたくさんありますが、この本ではお稲荷さんい関して詳しく解説されていて面白いです。 (参考写真) 👇 瓢箪山稲荷神社(大阪府東大阪市)です。 #本レビュー #書籍レビュー #むら…

書籍:「現代語裏辞典」

この本も図書館で借りました。10、20個くらいの言葉を読んで、面白いなあとは感じますが、途中で飽きてきます。また、面白さのレベルも普通で、手を抜いているように感じます。筒井先生ならもっと知的にかつ、面白く書けるはずです。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119

書籍:「とことん調べる人だけが夢を実現できる 」

この本も図書館で借りました。読んでみて、ほとんど役に立たない本です。書かれている内容は当たり前なことばかり。目次を読むだけで充分です。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119

書籍:「ニッポンを解剖する! 京都図鑑 」

この本も図書館で借りました。ですがこの本、本当の要点しか書いてないので逆に記憶に 残りやすく、ターゲットが鮮明。お寺、神社だけでなく茶道具、庭の配置、仏像など写真とスケッチがすばらしく、それと図解がわかりやすいです。まさにタイトル通り、「図鑑」です。京都についてとても勉強になる本です。一度、嵯峨野へ行きましたが、次回行くときはこの本を買って持って行こうと思います。 👇 6月に嵯峨野へ行ったとき…

書籍:「歴史古道の歩き方―ビジュアル・ガイド 」

この本も図書館で借りました。内容は、歴史が刻まれた道である「歴史古道」。道々に刻まれた歴史的エピソードを数多く取り上げながら、大和の古道や、東海道、東山道、中山道の選りすぐりの13コースを写真と共に紹介しています。奈良の暗峠は数回、行ったことがありますが、東海道、東山道などはまだなので、いつか行ってみたいです。この本は、地図も載っていて詳しく解説してありますが、カラー写真は4ページだけであとは白…

書籍:「うわわ手帳と私のアスペルガー症候群」

この本も図書館で借りました。内容は、アスペルガー症候群について10歳の少女が自分の言葉で、好きなこと、嫌いなこと、感じていること、困っていることやその対処法を語ります。お母さんもやさしくわかりやすい言葉で説明します。しんどい状態を「うわーっとなる」と表現したことから生まれた「うわわオバケ」。いつ、どこで、どんな「うわわオバケ」が出るのかを知ることで、アスペルガー症候群の子供の気持ちを理解すること…

書籍:「いちばんやさしいWordPressの教本」

これも図書館から借りた本です。記事作成、画像添付の基本操作までは、むらごんブログとほとんど同じです。あとはデザインを整えるだけです。 この本の解説の書き方は、「やさしい」というより「詳しい」です。今までに自分のブログを作ったことがない人で、初めてのブログをWordPressで始めようとする場合は、この本は難しく感じると思います。 そもそも、WirdPressは様々な設定が出来るので自分特有のブロ…

書籍:①「日本人が愛した懐かしの洋楽ポップス事典」

この本も図書館で借りました。内容は、イージーリスニング、映画音楽、エレキサウンド、ヨーロピアン・ポップス、フォークソング、ロック...昭和30~40年代に花開いた「日本独自の洋楽ポップス」に関する事典です。 ヴァケイション(日本語)/コニー・フランシス 弘田三枝子のVACATION by pongjigol ポンジゴルのヴァケーション 悲しき鉄道員 [日本語訳付き]  ショッキング・ブルー 50…

書籍:「東京散歩」

この本も図書館で借りました。内容は、東京に住んだフランス人が繊細なタッチで描いた色鉛筆画です。実際のレシートや食べ物についていてシールなども貼ってあり、その組み合わせがセンスのいい色鉛筆の絵とマッチして綺麗です。写真とは違った感動があります。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119

書籍:「初心者向き すぐに役立つ日本語の教え方」

この本も図書館で借りました。日本語教師になろうとしている人もこの本に載っている心構えや、準備する内容が詳しく説明されているので役に立つ本だと思います。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119

書籍:「切り裂きジャック 127年目の真実」

この本も図書館で借りました。内容は、著者が入手した証拠品を最新の科学技術で分析し、真犯人を確定していきます。証拠品のショールを入手する過程や 調査の困難さについて詳細に書かれています。またDNA解析技術の進歩が、過去の犯罪の真犯人探しにも大きな効果を発揮していることがこの本から分かります。確か、このショールの血液検査 をしている内容をTVのニュースでやっていたと思います。 【切り裂きジャック】 …

書籍:「消えた神父を追え! BOACスチュワーデス殺人事件の謎を解く」

この本も図書館で借りました。内容は、BOACスチュワーデス殺人事件の真犯人と思われるLouis Vermeersch氏の今を追ったノンフィクション作品。しかしながら、残念なことに、著者はタイトルの「追え!」はやってますが「謎を解く」はやってません。映画でやっていて内容より、ほんの少し詳しい情報が載っているだけです。 【BOACスチュワーデス殺人事件】(ビーオーエーシースチュワーデスさつじんじけん…

書籍:「勝手に関西世界遺産」

この本も図書館で借りました。内容は、世界遺産の言葉を使うのは申し訳ない場所ばかりですが、興味深い内容です。実際、関西に住んでいる人は知ってるところばかりだと思います。従って、これから関西に住む予定の人が読めば気分が上がるかもしれません。残念なのは、全部白黒でカラー写真が1枚もないことです。 (参考写真) 【石切劔箭神社】(いしきりつるぎやじんじゃ)👇 (参考写真) 坐摩神社(いかすりじんじゃ)…

書籍:「たった3カ月でTOEICテスト905点とった」

この本をお勧めする内容ではないです。かなり前に図書館で借りて読んだ本で、今も販売されているのかどうか知りませんが、内容はTOEICの学習参考書ではなく、一般的に効果的とされる学習法に対する批判と実践的な学習法と無関係な筆者の独自見解と自慢話だけ。全258ページの中で、ここは使えるかなと思ったのは4ページだけです。そこをコピーしました。著者の方法は、CNNやニュースで気になった単語や言い回しを手あ…

書籍:「900点突破!TOEICテスト ボキャブラリー完全制覇」

800点から900点以下だった頃に買った本です。この頃は1つ1つの単語を覚えていくのがなかなか覚えられなくて時間ばかりかかってました。それは、900点レベルの単語帳はどの単語も日常、仕事でも使わないし、初めて見るような単語ばかりでどうやったら覚えられるのか悩んでいました。そのとき、この本を見つけました。内容は、まず最初に問題を解いて、その問題で使われた単語と関連付けして覚えていくやり方です。単に…

書籍:「TOEIC パーフェクトリーデイング」

この本は、TOEICの勉強をやり始めた頃に買ったリーデイングパート強化の参考書です。説明文問題(論文、新聞記事、その他)は、それぞれ文の展開に一定の決まりがあって、そのパターンを理解することで、設問に対して、説明文のどのパラグラフを効率的に見るべきなのか、また、試験中に無駄な時間を削減するために、読む必要がないところはどう見分けるのかなどコツについて具体的に書かれているのでかなり役に立ちました。…