kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「英文の読み方 」

この本も図書館で借りた本です。本のタイトルは「英文の読み方」としていますが、実際、この本に書かれている内容は訳し方(翻訳)のポイントです。英語学習の参考書ではないので、文法的な説明に重点を置いてないので英文法が不得意が得意でないと理解に時間がかかると思います。読みものとしてはとても役に立つと思います。通勤時に電車の中でさらっと読む感じです。「英文の読み方」ではなく、「英文の読みもの」という感じです。


内容:
Step 0 はじめに―準備にかえて
Step 1 「英文」に慣れる―まずは多読で腕試し
Step 2 正確に読む―1語1語を徹底的に
Step 3 筋を読む―論理の継ぎ目が肝心
Step 4 行間を読む―「言外」のニュアンス
Step 5 翻訳へのステップ―日本語表現のコツ



Step 4のところで、『「深読み」ためには言葉の背後にある常識が要求されることもある』ということで下記の英文が例として載っています。


What is a particularly agreeable part of the story, Signor Mussolini, for all his fierce reputation, issued an edit that, in the country of St.Francis, the lives of the swallows were to be respected, and that the fugitives must not be shot or captured in order to be made the ingredients of “swallow pie”.
Who, on reading such a story, could doubt the fundamental excellence of human nature? It was a little cruel, perhaps, to the insects of Italy to loose on them a horde of birds of prey whom Nature in her entomophilia was about to extirpate.



かつてはヒトラーと並び称されるイタリアのムッソリーニが意外にも多数の生物を聴きから救ったというエピソードですが、その例に聖フランチェスコのことが出しています。
彼もイタリア生まれでフランチェスコ修道会を設立した人物で、特に小鳥をかわいがったことで有名な人物。そのため、ムッソリーニがつばめを救済したことと、合わせて例としてフランチェスコを出しているのですが、同じイタリア人生まれなのになぜin Itaryとしないてin the country of St.Francisとわざわざcountryを使っているのか。。それは、「ここは聖フランチェスコの国なのだから。。。」と書き手の心が入っていて、このあたりまで「深読み」はしなければならない。と解説しています。


英文を読み解く能力(英語力) 
   +
  一般的な知識 
     ↓
英文には書いてないことを推量する能力(深読みの能力)