【阪本研究所】 SK laboratory 代表 Kazuyoshi Sakamoto

【阪本研究所】 SK laboratory 代表 Kazuyoshi Sakamoto                                   

https://www.facebook.com/sakamoto.kazuyoshi.1

本のレビュー「2016年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち抜ける日本」

この本も図書館で借りました。タイトルで「2016年・・・・」とあったので読みましたが、この手の経済予想本を図書館で沢山借りることの楽しみの1つは、その予想はあたっていたの?を確認できることです。確かに、2016年前半の状況について「FRBがゼロ金利を解除すると、新興国からの資金の巻き戻しが始まり、ドルはドル高になり、円はドル高以上の円高に見舞われ、結果ドル円は円高になり、日経平均株価は大暴落する」と、を正確に当てています。しましながら、この程度は、普通に企業に勤めている人で毎日新聞をしっかり読んでいれば誰でも予想できます。著者は昔、ちょっと流行った資格である中小企業判断士の観点から、1つの国をバランスシートで説明しますのでとてもわかりやすいことは確かです。この本も簡単なグラフを使って分かりやすい説明していますが、著者の他の本に載っていることと基本は同じで、書き方の表現を少し変えて、ちょっとした新しい情報を付け加えているだけです。要するに同じ内容の本をタイトルを変えて、どんどん出していくパターンです。著者は経済学者でなくともできるような大きく予想するので、大きく外れることはないです。賢い方だと思います。2012年中に1ドル50円になると予言して思い切り空振りした経済学者、「紫の妖怪」さんのようにアベノミクスを大きく批判し、ピンポイントで予想し外れてしまうと、本も売れないし、当分マスコミにも出れなくなります。