kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「逆転の英文法 ネイティブの発想を解きあかす」

この本も図書館で借りました。内容は英文法全般ではなく名詞と動詞に限っているのでかなり深い内容ですが、前置きが長くページ数を増やすためか日本語の表現が冗漫。大学で英語を専攻している学生や,すでに英語が使える人にとってはこの本で読む内容ではないと思います。
第一章の冠詞のつかない普通名詞の解説については犬の概念がどうだとかイラストも含めてかなり哲学的になっています。また、過去形や完了形の時制に関するところで数学的なグラフを載せて解説していますが、英語は数学ではないのでもっと単純な図やイラストでいいのでは?と感じます。また、本のタイトル「逆転の英文法 ネイティブの発想を解きあかす」は素晴らしいと思いますが、「逆転の英文法」とはどういう意味なのか説明が欲しいところ。