kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「CNN ENGLISH EXPRESS」2018年2月号

この本も図書館で借りました。CNNで放送された内容でヒアリングの英語学習本ですが、「ライテイング」のポイントについて詳しく解説されてました。


英検1級で指定されたトピックについて3つの理由をあげて200から240語で自分の意見を書くライテイング問題の添削例です。


TOPICは、
Should governmenta increase taxes in order to provide better welfare programs?


日本語で思い浮かんだ「貧困に苦しんでいる」からsuffer fromを使っていますが、出生率に使うのはふさわしくない、 and so onはくだけ過ぎた表現、理由を順に3つ挙げて理由を強化していますが、結論部分では同じ内容が重複しているので、文章を削除しています。





Most developed countries are facing have aging societies. In order to deal with this issue, governments have to increase taxes to provide better welfare programs.


Firstly, as life expectancy increases, welfare expenses also increase, for instance, healthcare cost, pensions and so on. welfare expenses, such as healthcare costs and pensions, also increase. Meeting these costs is essential for governments to maintain social stability. Needless to say, While cutting unnecessary cost is very important, and increasing tax revenue is also inevitable to cover the cost crucial.


Secondly, developed countries are also suffering from experiencing low birthrates, which will bring labor shortages in the near future. A workforce shortage usually leads to a decline of economic growth. To prevent such shortages, woman have been encourages to keep working even after giving birth. Governments have to support woman by creating improving social-support systems, such as by increasing the number of nurseries, care givers, and caregivers, and so on among other measures.


Finally, over the past few decades, the gap between the rich and the poor has become wider, and the conventional middle class has diminished. In the near future, most people will belong to the poor lower class. To keep society stable, governments have to make better safety nets to help people who may suffer from are in poverty. From the point of view of distributing the wealth equally wealth more fairly, the rich should pay more taxes for the poor lower class’s welfare.


In conclusion, for these reasons, governments should increase tax revenues to sustain our society more safety. Tax tax increase are necessary to compensate for longer life expectancy, shrinking workforces, and the growing gap between the rich and the poor




ネイテイブが書いたのが下記。


Recent societal concerns are forcing governments to find funds in order to provoke more comprehensive welfare programs. Increasing taxes in one of the most effective ways for governments to raise this necessary revenue.
Among developed countries, aging societies are becoming more prevalent. As life expectancy increase, it is inevitable that welfare expenses, such as healthcare costs, will also rise. Covering these costs is essential to supporting an aging population.
Developed countries are also experiencing low birthrates. This means labor shortages are expected to occur in the near future. An insufficient workforce usually results in a decline in economic growth, so in order to maintain the workforce, woman are being encouraged to return to work soon after giving birth. To help woman thus assume a greater role in the workplace, governments need to enhance relevant social-support system, including by ensuring a sufficient number of nurseries and trained caregivers.
Finally, over the past few decades, the gap between the rich and the poor has gradually widened and the conventional middle class has diminished. In the near future, most stability, governments have to provide more thorough and effective safety nets to stop people from failing below the poverty line.
By increasing taxes, the government will be able to provide more support to people in need, including the elderly, working mothers, and the lower class.



結論は同じでも日本人とネイテイブでは表現の仕方がかなり違うことが分かります。




この2月号のヒアリングの実践編では「JFK暗殺事件の機密文書」です。



John Fitzgerald Kennedy(1917―1963)とは、
アメリカ合衆国の第35代大統領(在任1961~1963)。JFKと略称する。5月29日ボストン郊外のブルックリンに生まれる。父ジョゼフはアイルランド系移民の3代目で、銀行、映画産業などで成功し、F・D・ルーズベルト政権下では駐英大使を務めた。母ローズはボストン市長フィッツジェラルドの娘。9人の兄弟姉妹のうち次男で、名門チョート校を経てハーバード大学で政治学を学ぶ。父の任務に随行して第二次世界大戦前夜のヨーロッパを視察、卒業論文『イギリスはなぜ眠っていたか』にまとめ、ベストセラーとなる。日本との開戦後、海軍に志願、ソロモン沖海戦で、指揮していた魚雷艇が駆逐艦天霧(あまぎり)に撃沈された際、重傷の部下を守って泳ぎ抜き英雄となった。戦後、通信社記者を経て1946年マサチューセッツ州第11区から下院議員に当選(同期にニクソン大統領がいる)、1952年には現職のロッジを破って同州から上院議員に選出された。翌1953年ジャクリーン・ブービエと結婚(子供はキャロラインとジョン2世の2人)。戦争で負傷した背骨の悪化で入院、危機を脱したあと、療養中に『勇気ある人々』を著し1957年度のピュリッツァー賞を獲得した。1956年の民主党大会で副大統領候補をねらって敗れたが、1958年上院に再選され、1960年の大統領選挙で民主党候補指名をかちとった。アイゼンハワー時代の沈滞を破る清新な候補として「ニュー・フロンティア」のスローガンを掲げ、共和党候補ニクソン副大統領とのテレビ討論で優位にたち、激戦のすえわずかの差で勝利を収めた。カトリック教徒として最初の大統領であり、当選した大統領ではアメリカ史上最年少である(43歳)。1961年1月の就任演説ではアメリカの前進を訴え、国民に国家への献身を呼びかけた。
 雄弁と才気に恵まれ、記者会見などにテレビを巧みに用いてイメージ豊かな政治を行い、スタッフには、ハーバード大学はじめ各界から「ベスト・アンド・ブライテスト」と総称される多くの知識人を集めたが、スローガンの華々しさに比べて議会との関係は円滑を欠き、内政にはみるべき業績はない。外交面では、就任早々キューバ侵攻を試みて失敗し、ウィーンの巨頭会談でソ連のフルシチョフ首相にあしらわれるなど、厳しいスタートであったが、「平和部隊」を創設し国民の奉仕精神と開発途上国への援助を結び付けたことは賞賛された。1962年10月のキューバ・ミサイル危機では、核戦争の危険を賭(と)し海上封鎖でフルシチョフと対決、キューバ不侵略の公約と引き換えにミサイルと爆撃機の撤去をかちとった。「核戦争の淵(ふち)をのぞき込んだ」この経験から、1963年6月、アメリカン大学の卒業演説で「平和への戦略」を呼びかけ、7月には米英ソ3国間の部分的核実験禁止条約の成立をみた。だが、人種問題の前進、中国との国交回復などの懸案を抱えたまま1963年11月22日テキサス州ダラスで暗殺者の凶弾に倒れた。わずか1000日の任期であった。




付属のCDを聴く前にYoutube動画で映像を観ておくとCDに収録されている英語をヒアリング時、理解しやすいです。




The Zapruder Film - JFK (6/7) Movie CLIP (1991) HD




JFK (2013) - Who shot American President John F Kennedy? | 60 Minutes Australia