kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「これを英語で言いたかった! 英会話イーオンの名物講師が教える、とても簡単な通じる英語表現 」

この本も図書館で借りました。内容は、日本人が間違えやすい英文と正しい英文を並べて一頁でそれを解説をする、というものですが、本書は日本人がどういう状況でどういう風に言おうとして間違えたのか、エピソード一つ一つが具体的に書いてあるので、とても分かりやすいです。


時制について「いま」ではないんだけど、日本語の「会社に勤めています。」「~に住んでいます。」の~しています。につられて、つい進行形表現を使ってしまいそうになることや、withを付けたくなる動詞 announce, consider, discuss, mention, regret ,accompany, contact, answer, approach, oppose, resemble, enterなど。カタカナ和製では、Norma は英語でなく quota 。 business hotel や morning service など英語にないものや、シャーペン、マイナンバーマイカーのマイやウェストポート、シュークリーム(靴クリーム、 cream puff )、キャリーバッグ、帰国子女の returnee やイメチェンで Image changeなど。また、
何か聞かれて、英語で出てこないとき、間をもたすための表現は役に立ちます。
英会話を学んでいる人が疑問をもちそうな内容が多く解説されています。ただ、文法的な内容は詳しく書かれていないので英語学習教材というより読み物として、もし単行本の大きさならば通勤時に電車中で読むにはちょうどいいと思います。