kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「社会人のための英語の世界ハンドブック」

この本も図書館で借りました。英語圏の文化や事情,英語の歴史,映画・音楽・スポーツ,英語でのプレゼンや履歴書の書き方など、英語に関する様々情報がこの1冊にまとめられています。英語を使わない人でも社会人の教養として知っておいて損はない内容だと思います。英語の歴史や文化を知ることがきっかけになり英語力の向上にもなり高学年の小学生や中学生にもこの本は役に立つと思います。
英語の世界となっていますが、イギリス英語とアメリカ英語の違いや比較、文化、歴史のなど詳しく解説されています。文法的ではないので詳しくは載ってませんが、発音とつづりのところで、フォニックスや、接頭辞や接尾辞について簡単に説明されています。



英語を教えたり学んだりしていると、英語圏のしぐさの意味や年中行事など、背景にある文化についてさらに知りたくなることがあるが、本書は幅広い視点で書かれた英語に関するあらゆる情報がまとまっており、読み進めるたびに、「なるほど、そういうことだったのか」と納得できる。
例えば、以前にイギリス人からTouch wood(アメリカではKnock on wood:本書78ページ参照)について説明を受けた時には、なぜ机を叩くのかよく理解できなくてそのままだったことがようやく解明できた。
これから小学校でも教科化になり、英語嫌いの増加も懸念されるが、本書の情報を提供しながら授業を進めることで、子どもたちの知的好奇心を高められるように思う。
また、英語を学ぶ中高生にも読みやすい内容なのでお薦めできる。


第1章 英語圏の国々を知ろう
 ①イギリス United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
 ②アメリカ United States of America
 ③カナダ Canada
 ④オーストラリア Commonwealth of Australia
 ⑤ニュージーランド New Zealand
 ⑥アイルランド Republic of Ireland


第2章 英米の生活を知ろう
 ①イギリスの食生活
 ②アメリカの食生活
 ③イギリスの年中行事
 ④アメリカの年中行事
 ⑤イギリスの教育制度
 ⑥アメリカの教育事情
 ⑦イギリスの国民的スポーツ 付:クリケット、ポロ
 ⑧アメリカ・カナダの4大人気スポーツ


第3章 英米の文化を知ろう
 ①聖書
 ②ギリシア・ローマ神話
 ③シェイクスピア
 ④英語の詩
 ⑤マザーグース
 ⑥英語のことば遊び
 ⑦英語のなぞなぞ・ジョーク
 ⑧英語圏の迷信
 ⑨英語のことわざ
 ⑩名文句・名スピーチ
 ⑪英語読書入門
 ⑫ヒーローとヒロイン
 ⑬アメリカの伝統的音楽
 ⑭アメリカ・イギリスのロック・ポップス


第4章 英語の広がりを知ろう
 ①英語とはどんな言語か
 ②英語の語源
 ③アメリカ英語とイギリス英語
 ④World Englishes
 ⑤欧州連合圏と英語
 ⑥日本英学事始


第5章 ことばとしての英語を学ぼう
 ①辞書の種類と活用法
 ②発音記号
 ③つづりと発音
 ④接辞
 ⑤数の読み方
 ⑥ことばと文化
 ⑦しぐさの表現
 ⑧英語にもあるオノマトペ
 ⑨略語・略称
 ⑩和製英語
 ⑪人の名前


第6章 英語の使い方を学ぼう
 ①上手な自己紹介の方法
 ②上手なプレゼンテーションの方法
 ③ディベート入門
 ④パラグラフとエッセイ・ライティング
 ⑤履歴書の書き方
 ⑥自己推薦書の書き方
 ⑦ビジネスレターの書き方
 ⑧英字新聞の読み方


【コラム】
異文化理解
 1 数式2×3は世界共通か?
 2 なぜアメリカ人は九九がいえないか?
 3 虹は本当に7色なのか?
 4 自分の肌の色こそ「あるべき色」なのか?
 5 日・英語の翻訳はどこまで可能か?
 6 外国語を学べば異文化理解が深まるのか?


北アメリカの先住民の昨日・今日・明日
早口ことば(tongue twisters)
PCってなに?(politically correct words)


付録 日本・世界・英語圏対照年表