kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

CD付きの日英対訳「I Have a Dream」Martin Luther King "I Have A Dream" Speech

図書館で借りたCD付きの日英対訳「I Have a Dream」です。


「I Have a Dream」とは、、
アイ・ハヴ・ア・ドリーム、日本語に翻訳すると「私には夢がある」の意味。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが人種平等と差別の終焉を呼びかけた英語の演説。1963年8月28日に、キングは職と自由を求めるワシントンでの行進の際に、リンカーン記念館の階段上で17分にわたって演説し、公民権運動に大きな影響を与えた。演説は20万人を超える運動支持者が聞き、また1999年に実施された研究者による投票では20世紀のアメリカ合衆国で最高の演説であると評価された。




このスピーチのポイントは次の通りです。


「自由、平等、尊厳」といった、人間にとって普遍的なテーマについて訴えている。
憎しみを煽ることなく、白人をも「兄弟」と呼び、友愛を主軸としている。
崇高なる非暴力を訴えながらも、暴力や差別に対しては一切妥協せず、最後まで精神の力で闘い抜くという勇気と覚悟。
本気で自分達の力で国の未来を変える、という決意と自信にあふれている。
将来のビジョンをイメージとして明確に聴衆に見せる表現力。
たとえば、『私には夢がある。いつの日かジョージアの赤土の丘の上で、かつての奴隷の子孫たちとかつての奴隷所有者の子孫が同胞として同じテーブルにつくことができるという夢です。』というフレーズ。
スピーチには際立った特徴がある


このスピーチに聴衆を引き込む独特なテクニックが隠されています。


多くは、聖書の文体に見られる特徴や、キリスト教会での牧師の演説にみられる特徴を受け継いでおり、牧師という職業ならではの鍛え上げられたスキルだと思われます。


1)繰り返しのフレーズで畳みかける。


ここぞ、という所で似たフレーズを繰り返し畳みかけることで聴衆の心を揺さぶります。


繰り返しパートは7箇所もあります。


"One hundred years later, the Negro is still ~"
(100年の後、依然として黒人達は~である)
"Now is the time to ~" (今こそ~する時です)
"We can never be satisfied as long as ~."
(~しないかぎり、私たちは絶対に満足することはありません。)
"Go back to ~."
(~に帰ろう。)
"I have a dream that ~!"
 (私には、~という夢がある!)
"With this faith we will be able to ~"
(この信念をもってすれば、我々は~できる)
"Let freedom ring from ~!"
 (~から自由の鐘を打ち鳴らそう!)



2)直接的な単語を避け、遠回しで詩的な表現を多用。


このスピーチでにおいては「人種差別( discrimination)」は最も重要な単語と思われますが1回しか出てきません。


しかしながら、様々な言い回しでこの単語「人種差別( discrimination)」を表現しています。


『燃えさかる不正義の炎』
『自分たちの国の中で島流しにされている』
『隔離され暗く荒涼とした谷』
『人種的な不正義の泥沼』
『不正義と抑圧の炎熱に焼かれる』など。



3)具体例は挙げず、抽象的で詩的な表現。


『私の友人の娘さんが、先日、ホテルの宿泊を拒否されて悲しい思いをしました』
 といったような、具体的な例をひとつも挙げていません。


具体例で聴衆を飽きさせないようにするのは上手いスピーチの方法と言われますが、キング牧師は逆に抽象的で詩的な表をを多く使います。


「黒人たちは物質的繁栄の広大な海に浮かぶ貧困という孤島に暮らしている」
「私たちの子どもが『白人専用』の標識によって彼らの個性をはぎ取られ、彼らの尊厳を奪われている」
「ミシシッピー州の黒人が投票することがでず、ニューヨーク州の黒人が投票しても無駄だと信じる」
「自由を求めたために迫害の嵐に見舞われ、警察の残虐行為の暴風にさらされる」


4)聖書や国民的唱歌など、アメリカ国民なら誰でも知っているフレーズを引用。


「正義が水のようにこぼれ落ち、公正さが強力な流れになる」
  (アモス書5-24)
「我々はすべての人々は平等に作られている事を、自明の真理と信じる」
  (アメリカ独立宣言)
「ついに自由だ、ついに自由になれた。全能の神に感謝しよう。ついに我々は自由になったのだ」 (黒人唱歌)



スピーチ構造の概要について


序盤は、ユーモアを交えながら格調の高い話し方でとても静かに知的に話しはじめる。
中盤はやや具体的な内容になり、声もややヒートアップしてくる。
終盤は、簡単な単語だけで感情に強く訴える繰り返しフレーズ(I have a dream)を絶叫するように連呼して聴衆の魂をゆさぶる。


全体の構造を細かくすると、


挨拶: 「今日、このような歴史的なデモにみなさんと参加することができて嬉しく思います」と、ありきたりな挨拶から静かに始まる。


導入: リンカーンが奴隷解放宣言してから100年たったのに、未だに黒人達は人種差別により苦しんでいると訴える。誰でも合意できることを指摘し、序盤から聴衆に拒絶されないようにしているのだろう。(「100年の後~」を4回繰り返し。)


ユーモア: アメリカ建国者が憲法と独立宣言の中で約束した「生命、自由および幸福追求」が黒人に対して履行されていないということは、アメリカは黒人達に借りがあるということを、「約束手形」や「小切手」と金融にたとえてユーモラスに表現。ユニークな見方を示すことで聴衆の興味を引き寄せる。


緊急性: 緊急な変革が必要であることを訴える。(Now is the time を4回くりかえし)


重要度: 変革されない限り、アメリカに平穏は訪れないと、反対勢力に対して攻撃的な言葉を放つ。それと同時に変革の重要度を高めることで、この先のセクションで困難な提案をすることに先がけて、心構えをさせる。


非暴力: 非暴力を貫くことの必要性と、崇高性を繰り返し強く訴える。また、白人の中にも理解者がいるので、すべての白人を恨んではいけないとたしなめる。


決意: 目的を達するまで、絶対に満足しないことを強調。(~しないかぎり、私たちは絶対に満足しない!を6回くりかえし)


同情: 聴衆の一人ひとりの苦難と努力に対し、暖かい同情のことばを投げかける。(『~に戻ろう』を6回くりかえし。)徐々に声が力強くなり、唄うようなリズムになってくる。


夢: ここからは台本を見ずに「いつも日か・・」と抽象的な表現で美しい夢を唄うように語り、声色はさらに力強さを増す。そして、『私には夢がある!』を7回くりかえし、一気にクライマックスへ。


信念: 信念のチカラで必ず達成できると断言。このあたりからはさらに精神主義というか、神がかってくる。(『この信念をもってすれば』を4回くりかえし)


発信: 聴衆にとって重要なあらゆる場所から自由獲得のための活動を開始するよう訴える。(高らかに『自由の鐘を打ち鳴らそう!』と11回くりかえし)


自由: 最高のビジョンと言えるフレーズを最後に連呼する。「全ての人が、あの歌を唄える日がやってくるのだ。『ついに我々は自由になったのだ!』」興奮が最高潮となり終結する。



スピーチの全文は下記の通りです。


I am happy to join with you today in what will go down in history as the greatest demonstration for freedom in the history of our nation.


Five score years ago, a great American, in whose symbolic shadow we stand today, signed the Emancipation Proclamation. This momentous decree came as a great beacon light of hope to millions of Negro slaves who had been seared in the flames of withering injustice. It came as a joyous daybreak to end the long night of their captivity.


But one hundred years later, the Negro still is not free. One hundred years later, the life of the Negro is still sadly crippled by the manacles of segregation and the chains of discrimination. One hundred years later, the Negro lives on a lonely island of poverty in the midst of a vast ocean of material prosperity. One hundred years later, the Negro is still languished in the corners of American society and finds himself an exile in his own land. And so we've come here today to dramatize a shameful condition.


In a sense we've come to our nation's capital to cash a check. When the architects of our republic wrote the magnificent words of the Constitution and the Declaration of Independence, they were signing a promissory note to which every American was to fall heir. This note was a promise that all men, yes, black men as well as white men, would be guaranteed the "unalienable Rights" of "Life, Liberty and the pursuit of Happiness." It is obvious today that America has defaulted on this promissory note, insofar as her citizens of color are concerned. Instead of honoring this sacred obligation, America has given the Negro people a bad check, a check which has come back marked "insufficient funds."


But we refuse to believe that the bank of justice is bankrupt. We refuse to believe that there are insufficient funds in the great vaults of opportunity of this nation. And so, we've come to cash this check, a check that will give us upon demand the riches of freedom and the security of justice.


We have also come to this hallowed spot to remind America of the fierce urgency of Now. This is no time to engage in the luxury of cooling off or to take the tranquilizing drug of gradualism. Now is the time to make real the promises of democracy. Now is the time to rise from the dark and desolate valley of segregation to the sunlit path of racial justice. Now is the time to lift our nation from the quicksands of racial injustice to the solid rock of brotherhood. Now is the time to make justice a reality for all of God's children.


It would be fatal for the nation to overlook the urgency of the moment. This sweltering summer of the Negro's legitimate discontent will not pass until there is an invigorating autumn of freedom and equality. Nineteen sixty-three is not an end, but a beginning. And those who hope that the Negro needed to blow off steam and will now be content will have a rude awakening if the nation returns to business as usual. And there will be neither rest nor tranquility in America until the Negro is granted his citizenship rights. The whirlwinds of revolt will continue to shake the foundations of our nation until the bright day of justice emerges.


But there is something that I must say to my people, who stand on the warm threshold which leads into the palace of justice: In the process of gaining our rightful place, we must not be guilty of wrongful deeds. Let us not seek to satisfy our thirst for freedom by drinking from the cup of bitterness and hatred. We must forever conduct our struggle on the high plane of dignity and discipline. We must not allow our creative protest to degenerate into physical violence. Again and again, we must rise to the majestic heights of meeting physical force with soul force.


The marvelous new militancy which has engulfed the Negro community must not lead us to a distrust of all white people, for many of our white brothers, as evidenced by their presence here today, have come to realize that their destiny is tied up with our destiny. And they have come to realize that their freedom is inextricably bound to our freedom.


We cannot walk alone.


And as we walk, we must make the pledge that we shall always march ahead.


We cannot turn back.


There are those who are asking the devotees of civil rights, "When will you be satisfied?" We can never be satisfied as long as the Negro is the victim of the unspeakable horrors of police brutality. We can never be satisfied as long as our bodies, heavy with the fatigue of travel, cannot gain lodging in the motels of the highways and the hotels of the cities. **We cannot be satisfied as long as the negro's basic mobility is from a smaller ghetto to a larger one. We can never be satisfied as long as our children are stripped of their self-hood and robbed of their dignity by signs stating: "For Whites Only."** We cannot be satisfied as long as a Negro in Mississippi cannot vote and a Negro in New York believes he has nothing for which to vote. No, no, we are not satisfied, and we will not be satisfied until "justice rolls down like waters, and righteousness like a mighty stream."1



I am not unmindful that some of you have come here out of great trials and tribulations. Some of you have come fresh from narrow jail cells. And some of you have come from areas where your quest -- quest for freedom left you battered by the storms of persecution and staggered by the winds of police brutality. You have been the veterans of creative suffering. Continue to work with the faith that unearned suffering is redemptive. Go back to Mississippi, go back to Alabama, go back to South Carolina, go back to Georgia, go back to Louisiana, go back to the slums and ghettos of our northern cities, knowing that somehow this situation can and will be changed.


Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends.


And so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.


I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: "We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal."


I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.


I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.


I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.


I have a dream today!


I have a dream that one day, down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of "interposition" and "nullification" -- one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.


I have a dream today!


I have a dream that one day every valley shall be exalted, and every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight; "and the glory of the Lord shall be revealed and all flesh shall see it together."2


This is our hope, and this is the faith that I go back to the South with.


With this faith, we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope. With this faith, we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood. With this faith, we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom together, knowing that we will be free one day.


And this will be the day -- this will be the day when all of God's children will be able to sing with new meaning:


My country 'tis of thee, sweet land of liberty, of thee I sing. Land where my fathers died, land of the Pilgrim's pride, From every mountainside, let freedom ring!


And if America is to be a great nation, this must become true.


And so let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire.


Let freedom ring from the mighty mountains of New York.


Let freedom ring from the heightening Alleghenies of Pennsylvania.


Let freedom ring from the snow-capped Rockies of Colorado.


Let freedom ring from the curvaceous slopes of California.


But not only that:


Let freedom ring from Stone Mountain of Georgia.


Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee.


Let freedom ring from every hill and molehill of Mississippi.


From every mountainside, let freedom ring.


And when this happens, and when we allow freedom ring, when we let it ring from every village and every hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God's children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro spiritual:


Free at last! Free at last!


Thank God Almighty, we are free at last!




スピーチの全文の日本語訳は下記の通りです。



今日私は、米国史の中で、自由を求める最も偉大なデモとして歴史に残ることになるこの集会に、皆さんと共に参加できることを嬉しく思う。


100年前、ある偉大な米国民が、奴隷解放宣言に署名した。今われわれは、その人を象徴する坐像の前に立っている。この極めて重大な布告は、容赦の ない不正義の炎に焼かれていた何百万もの黒人奴隷たちに、大きな希望の光明として訪れた。それは、捕らわれの身にあった彼らの長い夜に終止符を打つ、喜び に満ちた夜明けとして訪れたのだった。


しかし100年を経た今日、黒人は依然として自由ではない。100年を経た今日、黒人の生活は、悲しいことに依然として人種隔離の手かせと人種差別 の鎖によって縛られている。100年を経た今日、黒人は物質的繁栄という広大な海の真っ只中に浮かぶ、貧困という孤島に住んでいる。100年を経た今日、 黒人は依然として米国社会の片隅で惨めな暮らしを送り、自国にいながら、まるで亡命者のような生活を送っている。そこで私たちは今日、この恥ずべき状況を 劇的に訴えるために、ここに集まったのである。


ある意味で、われわれは、小切手を換金するためにわが国の首都に来ている。われわれの共和国の建築家たちが合衆国憲法と独立宣言に崇高な言葉を書き記した 時、彼らは、あらゆる米国民が継承することになる約束手形に署名したのである。この手形は、すべての人々は、白人と同じく黒人も、生命、自由、そして幸福 の追求という不可侵の権利を保証される、という約束だった。


今日米国が、黒人の市民に関する限り、この約束手形を不渡りにしていることは明らかである。米国はこの神聖な義務を果たす代わりに、黒人に対して不良小切手を渡した。その小切手は「残高不足」の印をつけられて戻ってきた。


だがわれわれは、正義の銀行が破産しているなどと思いたくない。この国の可能性を納めた大きな金庫が資金不足であるなどと信じたくない。だからわれ われは、この小切手を換金するために来ているのである。自由という財産と正義という保障を、請求に応じて受け取ることができるこの小切手を換金するため に、ここにやって来たのだ。われわれはまた、現在の極めて緊迫している事態を米国に思い出させるために、この神聖な場所に来ている。今は、冷却期間を置く という贅沢にふけったり、漸進主義という鎮静薬を飲んだりしている時ではない。今こそ、民主主義の約束を現実にする時である。今こそ、暗くて荒廃した人種 差別の谷から立ち上がり、日の当たる人種的正義の道へと歩む時である。今こそ、われわれの国を、人種的不正の流砂から、兄弟愛の揺るぎない岩盤の上へと引 き上げる時である。今こそ、すべての神の子たちにとって、正義を現実とする時である。


この緊急事態を見過ごせば、この国にとって致命的となるであろう。黒人たちの正当な不満に満ちたこの酷暑の夏は、自由と平等の爽快な秋が到来しない 限り、終わることがない。1963年は、終わりではなく始まりである。黒人はたまっていた鬱憤を晴らす必要があっただけだから、もうこれで満足するだろう と期待する人々は、米国が元の状態に戻ったならば、たたき起こされることになるだろう。黒人に公民権が与えられるまでは、米国には安息も平穏が訪れること はない。正義の明るい日が出現するまで、反乱の旋風はこの国の土台を揺るがし続けるだろう。


しかし私には、正義の殿堂の温かな入り口に立つ同胞たちに対して言わなければならないことがある。正当な居場所を確保する過程で、われわれは不正な 行為を犯してはならない。われわれは、敵意と憎悪の杯を干すことによって、自由への渇きをいやそうとしないようにしよう。われわれは、絶えず尊厳と規律の 高い次元での闘争を展開していかなければならない。われわれの創造的な抗議を、肉体的暴力へ堕落させてはならない。われわれは、肉体的な力に魂の力で対抗 するという荘厳な高みに、何度も繰り返し上がらなければならない。信じがたい新たな闘志が黒人社会全体を包み込んでいるが、それがすべての白人に対する不 信につながることがあってはならない。なぜなら、われわれの白人の兄弟の多くは、今日彼らがここにいることからも証明されるように、彼らの運命がわれわれ の運命と結び付いていることを認識するようになったからである。また、彼らの自由がわれわれの自由と分かち難く結びついていることを認識するようになった からである。われわれは、たった一人で歩くことはできない。


そして、歩くからには、前進あるのみということを心に誓わなければならない。引き返すことはできないのである。公民権運動に献身する人々に対して、 「あなたはいつになったら満足するのか」と聞く人たちもいる。われわれは、黒人が警察の言語に絶する恐ろしい残虐行為の犠牲者である限りは、決して満足す ることはできない。われわれは、旅に疲れた重い体を、道路沿いのモーテルや町のホテルで休めることを許されない限り、決して満足することはできない。われ われは、黒人の基本的な移動の範囲が、小さなゲットーから大きなゲットーまでである限り、満足することはできない。われわれは、われわれの子どもたちが、 「白人専用」という標識によって、人格をはぎとられ尊厳を奪われている限り、決して満足することはできない。ミシシッピ州の黒人が投票できず、ニューヨー ク州の黒人が投票に値する対象はないと考えている限り、われわれは決して満足することはできない。そうだ、決して、われわれは満足することはできないの だ。そして、正義が河水のように流れ下り、公正が力強い急流となって流れ落ちるまで、われわれは決して満足することはないだろう。


私は、今日ここに、多大な試練と苦難を乗り越えてきた人々が、あなたがたの中にいることを知らないわけではない。刑務所の狭い監房から出てきたばか りの人たちも、あなたがたの中にいる。自由を追求したために、迫害の嵐に打たれ、警察の暴力の旋風に圧倒された場所から、ここへ来た人たちもいる。あなた がたは常軌を逸した苦しみの経験を重ねた勇士である。これからも、不当な苦しみは救済されるという信念を持って活動を続けようではないか。


ミシシッピ州へ帰っていこう、アラバマ州へ帰っていこう、サウスカロライナ州へ帰っていこう、ジョージア州へ帰っていこう、ルイジアナ州へ帰ってい こう、そして北部の都市のスラム街やゲットーへ帰っていこう。きっとこの状況は変えることができるし、変わるだろうということを信じて。


絶望の谷間でもがくことをやめよう。友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。われわれは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢がある。それは、アメリカの夢に深く根ざした夢である。


私には夢がある。それは、いつの日か、この国が立ち上がり、「すべての人間は平等に作られているということは、自明の真実であると考える」というこの国の信条を、真の意味で実現させるという夢である。


私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。


私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。


私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。


今日、私には夢がある。


私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。


今日、私には夢がある。


私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢である。


これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。この信念があれば、われわれは、絶望の山から希望の石を切り出すことができ るだろう。この信念があれば、われわれは、この国の騒然たる不協和音を、兄弟愛の美しい交響曲に変えることができるだろう。この信念があれば、われわれ は、いつの日か自由になると信じて、共に働き、共に祈り、共に闘い、共に牢獄に入り、共に自由のために立ち上がることができるだろう。


まさにその日にこそ、すべての神の子たちが、新しい意味を込めて、こう歌うことができるだろう。「わが国、それはそなたのもの。うるわしき自由の地 よ。そなたのために、私は歌う。わが父祖たちの逝きし大地よ。巡礼者の誇れる大地よ。あらゆる山々から、自由の鐘を鳴り響かせよう。」


そして、米国が偉大な国家たらんとするならば、この歌が現実とならなければならない。だからこそ、ニューハンプシャーの美しい丘の上から自由の鐘を 鳴り響かせよう。ニューヨークの雄大な山々から、自由の鐘を鳴り響かせよう。ペンシルベニアのアレゲーニー山脈の高みから、自由の鐘を鳴り響かせよう。


コロラドの雪に覆われたロッキー山脈から、自由の鐘を鳴り響かせよう。カリフォルニアのなだらかで美しい山々から、自由の鐘を鳴り響かせよう。


だが、それだけではない。ジョージアのストーン・マウンテンからも、自由の鐘を鳴り響かせよう。


テネシーのルックアウト・マウンテンからも、自由の鐘を鳴り響かせよう。


ミシシッピのあらゆる丘と塚から、自由の鐘を鳴り響かせよう。そしてあらゆる山々から自由の鐘を鳴り響かせよう。


自由の鐘を鳴り響かせよう。これが実現する時、そして自由の鐘を鳴り響かせる時、すべての村やすべての集落、あらゆる州とあらゆる町から自由の鐘を 鳴り響かせる時、われわれは神の子すべてが、黒人も白人も、ユダヤ教徒もユダヤ教徒以外も、プロテスタントもカトリック教徒も、共に手をとり合って、なつ かしい黒人霊歌を歌うことのできる日の到来を早めることができるだろう。「ついに自由になった!ついに自由になった!全能の神に感謝する。われわれはつい に自由になったのだ!」



難しい単語は特に使われていません。しかしながら直接的な表現を避け遠回しで詩的な表現を多用していますので、『人種的な不正義の泥沼』『不正義と抑圧の炎熱に焼かれる』を聴くことができ単語が分かっても、「それはどういう意味?」「で、結局何がいいたいの?」のように感じます。
最初にMartin Luther Kingや1960年代の歴史的背景が詳しく書かれているので、そこを読んでからスピーチを聴けば分かりやすいです。また、Youtubeやネット上の無料動画でも手軽に観れますので特にスピーチ部分だけを聴きたい人はこのCD付きの本を購入する必要はないと思います。