kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

レビュー:【通関士過去問題集 2018年版】その4

レビューの続きです。通関士試験の中で「買付手数料」という用語があります。輸入貨物に関して「仲介料、販売手数料は加算するが、買付手数料は加算しない。」ことを様々な参考書で解説しています。しかしながら、この「買付手数料は加算しない。」と単純に覚えてしまうと正解しない場合があります。買付手数料にも例外があり、これについて詳しく解説している参考書は少ないです。
そもそも通関士試験の用語「買付手数料」は、買手(輸入者)と一体であるのが前提のようです。例えば、買手で同じ会社の社員、従業員など。でも、普通、同じ会社の人に手数料は払わないと思うのですが。。また、厳密にいえば輸入貨物に関してその人が関わった出張費、雑費などコストはかかっていると思うのですが、加算しないのが規則です。さて、ここで例外についてですが、輸入貨物の買付手数料ではなく、輸入貨物を「製造する」ために必要な原材料の買付手数料である場合は、課税価格に加算します。要するに、輸入する貨物の価格に関わっている買付手数料か、単に、輸入取引において関わる買付手数料なのかを判断する必要があります。しかしながら、買手と同じ会社、従業員のような買手と一体ではない人に買付や手間を依頼したときは、仲介料と同じようになりますので、加算することになります。仲介料は加算するというルールがありますので。これらの手数料(買付手数料、仲介料、販売手数料)についてはかなり微妙だと思います。明確にまだ理解できてないです。過去問題をたくさんやって感覚をつけるしかないのかもしれません。