kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:【通関士完全攻略ガイド 2018年版】 

通関士試験に関する本は2冊しか持ってないので他の書籍もTSUTAYAで中身をゆっくり読んでみました。資格コーナーの一目立つ棚に置いてありました。通関士試験の中では一番の売れ行きらしいです。


各章の初めに「学習内容」と「出題の特徴」が載っていて、これから学ぼうとする概要やコツが先に分かるので、ここは良いと思いました。重要な項目は「頻出度A・B」でランク付けしている点、各章の末に「チェック問題」がある点、1回分の模擬問題が付いている点も他の参考書と同じです。2色刷りになっていて、半透明の赤いシート(赤い文字が見えなくなるシート)が付いています。重要な文字が赤色なのでこのシートで文字が見えなくなくなります。いわゆる暗記シートです。中学生の頃を思い出します。


この本は頁数が多いので、関税率表の1類から97類まで詳しく10頁以上解説している部分があります。通関士試験に出題されるであろう問題に的を絞っているというよりは通関士試験に関する事項はすべてこの本に網羅されていると思います。通関士試験の辞書のような感じです。


(注意)この本をカバンに入れて、通勤時の電車中に立って読むには重たいと思います。文字はぎっしり詰まっていて情報は充分多いと思いますが、そのかわり文字は小さいです。