kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「その英語ネイティブは笑ってます 」

これも図書館で借りてきました。この手の本、「日本人の使う英語はネイティブに・・・・・」系は昔より流行っていて、今なお書店ではこれ系の本はたくさん販売されています。


この著者もこの手の本は多く色々読んだ事がありますが、どうも口語の説明をしていた頃の本はまだしも、最近ではそのネタもつきて、Pワードも含むようなスラングを載せています。友達同士でさえもこんなスラング使ったらダメだよって思う単語も全部とはいいませんが多いです。ビジネスの中での表現も少し載っていますが、いきなり昔からの友人のような感覚では話さないです。そんな表現を使ったら契約交渉が成り立たないです。この手の本は、著者は思いついた口語やスラングを載せるだけで本にしやすいのは理解しますが、フォーマルと口語の区別くらいはした方がいいと思います。どうしても口語、スラング系の表現は普通の表現より英語の単語数は少ないので、覚えやすく感じてしまうのです。片言しかできない英語の初心者が正式な表現を覚える前にこんな表現を先に覚えたら大変なことになります。もちろん、この本に載っているすべてをダメと言っているのではないです。


海外と取引をしていた頃、ある外人が一生懸命日本語を勉強して、こちらへ話しかけてるのです。その日本語が、決して上手ではないのですが、どんな場面でも「・・・・でございます。」を連発するのです。そこまで正式な礼儀正し言葉を使わなくてもいいんだよって言ってあげたくなりますが、決して不愉快な感じはしなくて、むしろ好印象です。それが、もし、日本語の崩れた言葉しか知らない外人が、いきなり「~だよね。」などといきなり話しかけれたら、日本語を勉強したんだと思いながらもカチンときます。どんな場合でも日本人がスラングを使ってネイティブに話しかけたら心でカチンときているはずです。確か他で、「あなたのその英語、相手はカチンときてます。。。」の本も出版されいたと思います。


この本の対抗本が必要です。本の題名としては、長くなりますが、
【「その英語ネイティブは笑っています」で覚えたその英語、ネイテイブは本当に笑っています、またはカチンときています。】のような。。。