kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:ゼロから始める「会社で役立つ」簿記入門

この本も図書館で借りました。内容は、社会人となって経理部へ配属される人だけでなく、営業、技術、企画部でも部署をとわず会社で勤める碑とは最低限これだけは知っておくべきことを分かりやすく説明しています。3級をとろうとしている人が3級の参考書を読む前にさっとこの本を読むと理解しやすいのではないかと思います。この本の半分くらいは使った経費をどう仕訳するのかに詳しく説明していますので、社会人になっていない学生によってはピンとこないかもしれません。また、現金の入と出に着目した「キャッシュフロー計算書(C/S)」に関する解説が一切ないです。利益が出ていても倒産する、いわゆる「黒字倒産」があります。売上はコンスタントにあり、入金から原価を差し引いた段階では利益は出ているのに、販管費が増えたりして手元にお金がない状態が続き、その月の支払いができない。または、商品在庫の拡大、売掛金や手形回収の遅れなどで手元にお金がない状態になることがあります。損益計算書(P/L)だけでなくキャッシュフロー計算書(C/S)でお金の動き(流れ、出入り)を常に把握する必要があります。


また、この本では仕訳帳の書き方の解説で、左側を借方、右側を貸方ですが、この覚え方として「かりかた」の「り」のひらがなは、左に流れているので左側に借方を書く、「かしかた」の「し」のひらがなは右側に流れているので、右側に貸方を書く。。というこじつけの覚え方は頭に入りやすいです。