kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「スマホ廃人」

この本も図書館で借りました。タイトルから世間でよく言われているスマホの弊害を書いている本です。読んで怖いなあと思った内容が2つほどありました。1つは、「主婦がハマッたお小遣いサイト」で、”誰でも簡単にできる副業”、”パソコン、スマホで小遣い稼ぎ
”などよく宣伝されているポイントを集めるサイトです。ポイントサイトと呼ばれます。このポイントが換金できるので、5000ポイント貯まれば、それは5000円のお金を持っているのと同じなのです。例えば、CM動画を視聴したら10ポイントなど空いた時間でスマホで簡単にできます。人の心理として貯まっていくと嬉しいともっと貯めたくなってしまう。そんな気持ちになったころを見計らって、「商品お試しキャンペーン」が出えきます。例えば、サプリメントを1ヶ月分購入すると、その金額分がポイントになるのです。1000円だったら1000ポイント、そのポイントは1000円に換金できるので、結局、無料で商品が手に入ることになる。とても簡単なのでお試しキャンペーンの商品をどんどん購入していく。ここで落とし穴なのは、実際は最初の1ヶ月だけ無料でそれ以降は有料。ポイントを集めることに集中し過ぎて契約書を細かくチェックしていない。慌てて、無料期間以降を解約するが、ペナルティとして無料期間の分が有料になる。。。なるほどこうやって主婦を騙すのかと感心してしまいます。外で働きたいが、育児や家事で時間がとれない。隙間時間でやれるポイントサイトでうまく誘導していると思います。
2つ目は、「ソー活が学生を追い詰める」で、就職活動に関するSNSの在り方ですが、現在、会社の人事は就活生のSNSはチェックします。中には履歴書にSNSのアカウントを書かせる会社があるようです。こうなるとSNSをまったくやらないというわけにもいかなくなります。で、やれば、内容は確認されるので企業受けするような内容をアップし続ける必要がでてきます。実際に自分も知り合いの大手の人事部に聞いたら、就活生は面接ではきちっとした態度、言葉遣いをするのは当たり前。会社には長く勤めてもらうわけだから、人事部としてはやはりその人に素の状態、本音、日頃の生活態度を確認する必要があると言ってました。それも当然だと思います。この本はスマホの弊害を書いていますが、かと言ってスマホのない時代に逆戻りすることは不可能だと思います。