kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「ネイティブの瞬発力が身につく! 超「速音読」英語勉強法」

この本も図書館で借りました。英語参考書はほんと「超」がつく本が多いです。これも音読の大切さはスピードだと強調しているだけの本かと思いましたが、読んでみて、単に音読の面からでだけでなく様々な面から英語力アップ方法を紹介しています。何かを覚えるとき、つまりインプットするとき音読し、それがうまく発音できれば記憶に残り、アウトプットもおのずと上手くなる。そのためにはできる限り口を動かして英語を音読することであると書いてあります。その他、様々なことが書かれていますが、この英語の発音、ヒアリング関係の本は健康本のように今や大量にあって、その数だけ著者の主張も様々ですので、どれが自分に合うのかを探すのが大変です。この本は、音読の大切さをベースに様々な方法を書いていますのでどれが自分に合うものを実行してみるのもいいのではと思います。