kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「理屈でわかる前置詞と動詞」

この本はかなり前に買った本です。内容は、前置詞と動詞の解説です。
英語には、struggle for, put up with, compare to など動詞+前置詞が数多くあり、これらを受験勉強の時、イデオムとして
1つ1つ暗記したものです。
この動詞にはこの前置詞が付くんだと動詞をベースに1つ1つ暗記していました。ところが、この書籍は、「英語の発想は、”行き先”を決めてから、それにふさわしい動詞を結びつけるのが筋です。」と解説しています。


to Tokyo (東京へ)で、このはっきりと方向を表すtoを決まってから、どのような動作(動詞)で行くのか、drive なのか、
runなのかが決まるとの考え方です。


動詞+前置詞のパターンは、前置詞の方が重要なんですよという考え方です。(当然ながら、なぜ前置詞が付くかというと、その動詞の意味だけでは意味が不十分なので前置詞が補っているのですが。。。)
前置詞が重要となれば方向、広がり、力を表す前置詞のすべての意味を理解する必要があります。それらを説明する為に、
この書籍では、前置詞の解説の前に、ます、副詞を説明しています。副詞は、位置、場所、範囲、方向を示しますが、ざっくり、ぼんやりと示します。これに対して前置詞は位置、場所、範囲、方向を明確に示します。この違いがあります。
ところが、面倒なことに、on, upなど、副詞で使われたり、前置詞で使われたりするものがあります。なので、英語を学習する多くの人はおそらく、イデオムとして丸暗記してしまったほうが早いと思い1つ1つ暗記していったのでは?と思います。この書籍では、副詞と前置詞の見分け方について基本的なことだけ解説されています。もう少し詳しい解説が欲しいところです。