kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「NHK CD BOOK Enjoy Simple English Readers Introducing Japan」

この本も図書館で借りてきました。この本は、日本の文化について紹介しています。アメリカ人と日本人が伝統文化や、サブカルチャーを実際に体験しながら、案内役のTaroという登場人物が、アメリカからの友人に日本文化を紹介するという形式です。載っている英文会話自体はかたい内容ではなく最後には必ずオチがあったりして楽しい内容です。
内容は、会話文であるため、1文1文は短い理解しやく単語もすべて中学レベルですのです。「銭湯」や「書道」などは手順説明が簡潔なため、CDを何度か聞けば、表現を暗記できます。ほかにも、「お好み焼き」や「風呂敷」のルーツなど、今の外国人たちが興味をもつであろう内容を取り上げているので日本を案内する際に役に立つと思います。内容は「銭湯」から「餅」までの18会話分だけですが、CD付で1300円+税は安いと思います。ただ、日本人が先にこの会話のシナリオを作成してそれを英文にし、それを読んでCDを作っていると思います。会話なので当然ながら口語ですが、ネイティブはこの表現や言い回しは今は使わないだろうと思うところはあります。単語を出来るだけ簡単なものを使っているので表現に限界があるのは仕方ないですが、このまま丸暗記して使うのは避けた方がいいと思います。この会話文を参考に他の参考書等で合った表現を調べて自分でアレンジして使った方がいいと思います。