kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「この84パターンで世界中どこでも通じる英会話 基本カンタン編 」

図書館で借りてみました。確かに使えるパターンは多く、この本でCDも繰り返し聴いて学習すれば旅行の際に役立つと思います。ただ、タイトルに世界中と記すなら、アメリカ英語、イギリス英語の言い方の違いを少しでいいので載せたらいいと思います。この本に載っている英文は学校の教科書に出ている文です。「通じる」というだけの面から言うと確かに通じますが、世界中、英語を使う国はたくさんありますが、相手がこの本の英文のようには話してくれないでしょう。アジア方面(シンガポール、インド、マレーシアなど)でこちらが言いたいことを使えることはこの本の英文で充分可能だと思います。この本の例文は口語とフォーマルな言い方が混ざっていますので本全体を通してどちらかに分けたほうがいいと思います。初心者に対してはその方が親切だと思います


また、「~していただけますか」の解説で、Would you do ~?、さらに丁寧なのがCould you ~?としていますが、これは間違いです。相手(ネイティブ)はカチンときます。学校でWill you ,Can youを丁寧にするには過去形にして、、を学校で習ったのが原因だと思います。
その他、この本では変なところが多々ありますが、「通じる」だけでいいとなればこの本でもいいと思いますが、丸暗記して使うのは避けた方がいいと思います。