kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「英語で手帳をつけてみる」

表紙の印象が良かったので図書館で借りてきましたが、内容は。。。?って感じです。単なる単語帳です。最初の数ページは、手帳のサンプルとして書いた例を載せてあります。この部分はイメージとして参考になるとは思いますが、この本全体として、手帳に書くような語彙を載せていますが、やはりこれは単なる単語帳です。無駄にページが多く、分厚い割に、使える語彙が少ないです。ように思います。著者はこれで自然と英語に触れながら、語彙力、表現力をつけていける学習方法の提案です。と背表紙の裏に書いてますが。。。