kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力」

この本も図書館で借りました。この本のシリーズで「前置詞」の本を買って読んだことがあり、そちらの本は内容的によかったのですが、こららの本は、内容が粗いです。英文が表す「気持ち」「ニュアンス」を著者が個人的な感覚に基づいて説明しています。つまり、この本は英文法を解説している参考書ではないです。但し、意味のニュンスの違いを図やイラストを使って説明していますので、その部分は分かりやすいです。また、本の構成ミスだと思いますが、内容と合っていないイラストもあります。


英語に関する本は図書館で大量にあります。片っ端から読んでいますが、それにしても本のタイトルに、「ネイティブの・・・」「絶対・・・・」「これだけ覚えれば・・」「究極の・・」など、特に最近になって誇大表現が多いと思います。