kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「世田谷一家殺人事件 15年目の新事実」

この本も図書館で借りました。事件自体が人々の記憶から薄れてしまっていると思いますが、この本著者は執念深くこの事件を追います。タイトルは15年目となっていますが、現在2018年なので実際には18年目になります。最近になって、マスコミが急に思い出したように犯人の特徴を15歳以上と当時少年であった可能性も報道しています。スケートボードする少年たちが騒がしく被害者としばしば口論になっていた近所に住む少年か?という推測も話も当時はありました。


世田谷一家殺人事件というのは、


21世紀を目前に控えた2000年12月30日午後11時頃から翌31日の未明にかけて、東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宅で、父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の4人が殺害された。隣に住む母親の実母が31日の午前10時40分過ぎに発見し、事件が発覚した。この事件は、大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行だったことや、犯人の指紋や血痕など個人を特定可能なもの、靴の跡(足跡)の他、数多くの遺留品を残している点、子供もめった刺しにする残忍な犯行、さらに殺害後に長時間現場に留まった可能性が指摘され、パソコンを触ったりアイスクリームを食べたりするなどの犯人の異常な行動、これらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことで注目される未解決事件。


この事件関係の他の本では、書かれてなかった事実?もあり興味深いところですが、意図的なのか本件とは関係のないことも多く、ページ数を膨らませているだけかと感じました。この事件に関して、この本ほど詳細に書かれているのは著者の本だけだと思います。







深入りしない 「世田谷一家殺害事件」



#世田谷一家殺害事件 警察犬捜査の詳細ご教示切願🙏 #未解決事件 Psychopath Crime of Japan