kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「新東宝・大蔵 怪奇とエロスの映画史」

この本も図書館で借りました。自分で借りながら、この手の本が図書館の書棚に普通に置いてあることに少々驚きです。内容は、新東宝の映画の著者独自の感想とあらすじ紹介しています。載っている映画のポスターや写真を昭和時代の映画資料として見るのは楽しいですが、著者の文章が全体を通して批判しているところが読んでいて感じのいいものではありません。