kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「ODAの現場で考えたこと 日本外交の現在と未来 」

この本も図書館で借りた本です。内容は、先進国目線で書かれた訪問記です。
といったところです。「ODA」に関しては、何か事件でもないとニュースでは取り上げないので、一般的に人々には馴染みが無いものです。現場の内容を詳しく書いているので、その援助対象国に興味をもる人には情報としてこの本は役に立つと思います。
ただし、援助した高額な建物、機材がメンテナンスも行われず途上国に放置されている問題は、昔から指摘されている内容です。また、「援助慣れ」についても、この本が出版された2002年よりもっと以前から基本設計(B/D)の際に必ず指摘されていた内容です。これらの問題についてもっと深く追究したい人は、この本では物足りないと思います。