kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「ビートルズでヒアリング」

ビートルズを聴いて英語のヒアリングを学習する本です。著者が提唱する6つの法則(下記)がこの本のベースとなっています。この法則をビートルズの歌に沿って詳しく説明されています。


「西村式ヒアリング法則」

1)t + 母音のとき(米国人はdと発音するので)日本人にはlに近い音に聞こえる。
2)t+子音のとき、tは無音になる。
3)p、t、k、b、dは語尾にくると、次の音が子音のときは無音になる。また、文尾においても無音になることが多い。
4)them はem, himはim, herはerと聞こえる。
5)ofは(ア)となることが多い。
6)s, zは次の音がs,zの音と連音になる場合は無音になる。



この本は、「英語は吐く音の上に音が乗る。」「西洋人の言葉はすべて二重構造の世界」「ハアーッという息の上にのせて発音する世界」など、最初はなんのことかわからないですが、じっくり読んでいくと理解できます。よくYouTubeなどでヒアリング講座についてアップされていますが、確かに動画は音を耳で聞けるのでいいと思いますが、じっくりと本を読んで法則を頭に入れたい人はこのい本は役に立つと思います。ただし、著者の提唱する上記6つの法則は、すべての英語がこの法則に当てはまる訳ではないです。



1)t + 母音のとき(米国人はdと発音するので)日本人にはlに近い音に聞こえる。


put it on, take it outなどの場合、実際の発音は、どんな風に聞こえるかというと、(この本では発音をカタカナで書かれているので初心者には分かりやすいかもしれません。)


put it on (プッデッドオン)
take it out (テェキダァウ)


ですが、スピードが速くなると、


put it on (プリロォン)
take it out (テェキラウ)


のように聞こえます。これについて著者は、t → d → l(エル)に変化することを上記法則1として説明しています。


put it on でいえば、putの tが dになるのです。さらに、そのdが、l に近い音になる。実際にlを発音しているのではなく日本人にはlに近い音に聞こえるという事です。


で、このdがlに近い音が、さらに次のon のoと合体して、l+o で 「ロォ」の音になります。


この本は、英国人のビートルズの歌を使って解説していますが、英国人と米国人とは発音が違います。従ってこの本の後半では英国人と米国人の発音の違いも説明されています。


付属のCDはビートルズの音楽が収録されているだけで、著者の音声による解説は収録されていません。このCDの音源ならネットの動画で簡単に入手できるのでビートズの音源ならCDは不要だと思います。