kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「まんが パレスチナ問題 」

この本も図書館で借りました。内容は、現在も続く複雑なパレスチナ問題を詳しく解説しています。本のタイトルは、「まんが・・」となっていますが、一般的によくある漫画の本ではなく大きなイラストを使って説明しています。キリスト教,ユダヤ教,イスラム教の違いについて基礎的な説明から深い内容まで書かれています。もし、予備知識なく初めてパレスチナ問題を勉強しようとする方は、この本の後半から読んでから前半を読んだ方が理解しやすいと思います。ただ、この本自体が2005年の出版時の内容なので、現在のパレスチナ問題ではなく、そもそもパレスチナ問題は何が原因なのか、過去の経緯を知る本となります。


また、ざっくりと、先に下記を頭に入れて読めば分かりやすいと思います。
①2000年以上前、ユダヤ人が住んでいた王国があった。
②そこへローマ帝国が攻めてきてユダヤ人は追放され世界各地へ
③7世紀になり、ローマ帝国は撤退。イスラム教であるアラブ人が定住
④第二次世界大戦後、上記②で世界各国へ追放されていたユダヤ人が戻ってきた。
⑤1948年イスラエルが建国されたため、イスラム教徒は、付近のエジプト、ガザ地区、ヨルダンなどへ逃れることになった。
⑥このため、簡単に言うと、パレスチナ問題とは、イスラム教徒とイスラエル(ユダヤ人)との土地争い。


*いつまでもパレスチナ問題が続くのは、イスラエルにアメリカが資金、武器など全面的に協力したいるため。一部の過激派のイスラム教徒がアメリカでテロを起こすのは、アメリカがイスラエルへ協力したいるため。