kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」」

この本も図書館で借りました。本のタイトルは、「日本を捨てた・・」となっていますが、日本を捨てたのではなく、「捨てられた男たち」について書かれた本です。この本に出てくる彼らは、何か不条理を受けて困窮化してしまったのではなく自分の善くない行いが全て自分に帰ってきた因果応報です。本の最後の方では、彼らは救出されることが書かれているのかと思いましたが、そんなことはなく、淡々と困窮化した状況が書かれいます。読み終えて「ほんとに残念で可哀想だよね」と思うだけの本です。著者の彼らへの取材力は素晴らしいと思いますが、決して読んで気分が良くなる本ではありません。