kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「見せかけの正義の正体」

この本も図書館で借りました。この本の2013年の出版の頃に、著者自身の立てた無謀な太平洋横断計画が失敗し、海のど真ん中で見事に遭難していまう事件がありました。た辛坊ちゃんイラクに出かけて行って人質にされてしまった事件の人々に対し「自己責任だ!」と言い切ったりしていましたが、他人には厳しい発言をし、本人は無責任な行為をします。これ以降、何を主張しても信用はして貰えないようです。本人にしてみれば、こんな本、なかったことにしたいのでは?と思います。さすがにこの本はもう書店では売ってないとは思いますが、図書館にはずっとあるのです。




ヨットで太平洋横断事件について:
2013年6月、全盲のヨットマンだった岩本光弘をサポートする形で福島県いわき市の小名浜港をスタートし、8月にアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンディエゴでゴールをする予定であった。ヨットは間寛平がアースマラソンのときに使ったエオラス号を使用する。企画・発案はアースマラソンのサポートスタッフでもあった比企啓之。6月21日にクジラと思われる生物と衝突して、ヨットが浸水し、同日7時45分に118番通報する。その後10時間近く救難艇で漂流したのち、同日18時14分に海上自衛隊のUS-2(救難飛行艇)に救助された。