kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「日本経済の課題と将来を考える」

この本も図書館で借りました。各論文の引用している参考文献のリストを確認すればわかりますが、どの論文もかなりの数の本を引用しています。従って、当然ながら、論文の中で驚くような情報はなく、一般的に知られている内容です。硬い文章で書かれた質のいい経済の「教科書」という感じです。ごく普通のことが書かれているので、2009年版ですが、あまり古さを感じません。経済学入門としていいかと思いましたが、この内容で3800円+税は高いと個人的には思います。