kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件」

この本も図書館で借りました。内容は、木嶋佳苗事件と同時期に起きた上田美由紀の鳥取での連続殺人等事件について、主に被害者と事実の調査をメインに書かれています。鳥取市については、何も無いところで人も居なければ見るべき名所も自然さえも無いような書き方に終始しています。木嶋本(北原みのり)への批判的も書き方も一部ありますが、全体を通して長々とした書き方です。




【鳥取連続不審死事件】(とっとりれんぞくふしんしじけん)は、鳥取県鳥取市を中心におこった連続不審死事件である。2009年に発覚した(事件は2004年から2009年にかけて、計6件)。元スナックホステスの女(2009年当時、35歳。)の周辺で6人の不審死が起こり、注目された。
2009年11月に女が別件の詐欺罪で逮捕された後に一連の不審死に関する捜査が行われた。2010年1月に女は強盗殺人罪で逮捕され、最終的に2人を殺害した罪で起訴された。


*42歳男性不審死事件
2004年(平成16年)5月13日、当時の女の交際相手で、読売新聞鳥取支局に勤めていた男性記者(42歳)が、段ボールに詰められた状態で鳥取市内で列車に轢かれ死亡した。段ボールには「出会って幸せだった」などのようなことが書かれており、鳥取県警は文面の様子などから遺書と判断し、男性記者の死因を「自殺」と処理して司法解剖などは行わなかった。男性記者は女との金銭トラブルがあり、同僚などからたびたび借金をしていたとのこと。
*27歳男性不審死事件
2007年(平成19年)8月18日、女の家族とともに貝を採りに、鳥取砂丘近くの海岸に出かけた会社員の男性(27歳)が、海で溺れて病院に搬送されて約10日後に死亡した。男性は泳げなかった。女とは2001年頃にスナックで知り合い、2005年頃から同居するようになった。男性は女から日常的に熱湯をかけられるなどの暴行を受けていた。
41歳男性不審死事件
2008年(平成20年)2月、鳥取市郊外の山中で鳥取県警所属の男性警察官(41歳)が首つり死しているのが発見。男性は女が働いていたスナックの常連客であり、2人の間で金銭トラブルがあったという。
*47歳男性不審死事件(起訴事案)
2009年(平成21年)4月11日早朝、北栄町沖の日本海でトラック運転手の男性(47歳)の水死体を発見。遺体からは睡眠導入剤のほか、"水死の場合に入るはずのない砂が肺から検出され他殺された可能性が高いため、起訴へ至った。
*57歳男性不審死事件(起訴事案)
同年10月6日、自営業の男性(57歳)が「集金に行く」といい、車でどこかへ出発、翌日の午後2時、自宅から約4km離れた鳥取市内の摩尼川にて、うつ伏せの状態で死亡しているのを発見された。しかし、そこは溺れるはずのない"水深約20cm"程度の浅い川で、第三者に顔を押しつけられ他殺された可能性が高く、遺体からも睡眠導入剤が検出されたため、起訴へと至った。男性は女とその同居人に140万円ほどの未収金があり、前日の発言はこのことだと思われる。現場から約10m離れた場所に男性の車が発見され、カーナビの走行記録をみたところ、自宅を出発して事務所から約7kmも離れた女の家へ行き、そこの敷地を何度も出入りしたのち、発見現場に到着。その後は移動していない模様。
*58歳男性不審死事件
同年9月、女と同じアパートに住んでいた無職の58歳男性が女の車を借りて運転中、鳥取駅前で乗用車と衝突。女は「相手と示談する」といい、男性から8万円をもらったが、その後、ことは進展せず、男性が示談相手ともめることになった。その1ヶ月後、男性は突如体調が悪くなり、10月27日に死亡。前日にはこん睡状態に陥っていた。男性は女のスナックの常連客で、自宅の鍵を女に預けていたという。(Wikipediaより引用)




【鳥取連続不審死事件】6人の男性の死に関与!?史上最悪の魔性の女「上田美由紀」【閲覧注意】