kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「英語のシンボルで学ぶネイティブに負けない「英語力」」

この本も図書館で借りました。この本のメインの内容は、タイトルの「シンボル」です。
英語でコミュニケートできないのは、語感が欠けているからであり、それはいくら単語を増やしても身につくものではない。単語と文法の記憶力をアップさせるために「シンボル」を理解すること。を解説した本です。著者がいう「シンボル」とは、アルファベットの文字がもつイメージ、意味、ニュアンスであり、例えば、「L-wordとR-word、それぞれの言葉がもつシンボル(イメージ)とは何か?」Lが使われる単語。例えば、L….liberal, light, loyalty, leader, linear.など、それぞれの単語の意味からして直線的なイメージの感じがあります。一方、Rが使われる単語、例えば、round, royal, go around…イメージとしては「円、回転」の感じを持つ。また、ONは「ベタっとくっく」イメージなどを解説しています。この本で著者のいう「シンボル」をざっと読んだだけでは分かり難いと思います。他の本で、語アルファベット語源や歴史、その文字がもつイメージや意味の本を先に読んだ養がいいもしれません。






英語のシンボル(イメージ)を覚えるのと同時に、この本には載っていませんが、「接頭語・接尾語」について理解した方が単語は覚えやすいと思います。


接頭語 (① 数、大きさ ② 時間・場所 ③ ものの関係)


接尾語 (① 名詞をつくる ② 形容詞・副詞をつくる ③ 動詞をつくる)



接頭語(1) 数、大きさ(大、小、半分)


uni- mono-  単数  1つ
di- bi- deca-  2つ
multi- macro- mega-  大きい、数多く
mini- maxi - midi-  小さい
omni- pan- panto-  すべての
demi- hemi- semi-  半分


接頭語(2) 時間、場所 (中へ、周り)


pre- fore- pro- proto- ante-    時間的に前、以前、予期
extra- ex- ultra-  ~を超える
circum- dia- radio-  周り、放射
super- sur-   超える
trans- inter-  横切る、相互
astro- cosmo-  天文の
tele-    遠くへ


接頭語(3) ものの関係


re- 再度
com- con- co- syn- stm- 同じ、同時
anti- contra- counter- 反対
phil(o)-  愛→哲学
un- in- non- a-  否定
mis-  間違って
manu- ped(i)- 手、足
a- 前置詞on,ofが弱まったもの  副詞onが弱まったもの(alive, abedなど)
接尾語(1) 名詞をつくる


-er –ee  ~する人 (男女関係なし)
-ess -ette / –ine -trix  女性 / 男性
-y -ie –ey -ling –en -kin –et  小さい 可愛らしい
- ness -th –hood -ship –dom  主観たるもの(性質、状態)
-ment -al –ade   動作、行為
-ism -ist  主義、従事する人
-ary -arium - arius -ory –ery    関係 所属
-logy -nomy   言葉、習慣、法
-gram -graph -graphy 描かれたもの



接尾語(2) 形容詞・副詞をつくる


-like -ly –ish  ~のような
-ive -ory  ~の性質をもつ
-ous –ose  ~の多い、~性の、~に似た
-y  +名詞で~の特徴のある、  +動詞で副詞
-ic -ical -ics  ~に属する  ~に関係する  ~の性質の
-ful -less   ~に満ちた ~のない
-able -ible  ~できる(他動詞について)
-fold -ple –ce  ~風の  住民 信奉者
-ly -wise  形容詞について副詞  ~の仕方で


接尾語(2) 動詞をつくる


-ize 形容詞、名詞について他動詞、自動詞に
-ate ~させる,~する
-fic -fy ~をつくる  ~をもたらす