kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「現代日本語 初級総合講座」

この本も図書館で借りてきました。この本の位置づけはよくわかりません。日本語テキストのと表紙の上部に書かれてたので、おそらく、詳しい解説や重要なこと、覚えておくべき言葉など大事なことは、先生が解説するような仕組みになっているのかもしれません。日本語の会話文があって、単語の説明が少し載っていて学校の教科書のような感じです。それにしても、この本の内容から日本語の「初級」って、英語の初級に比べるとかなりレベル高いと感じました。
日本語の文法って、英語のように体系的に学習しないのでしょうか。この本には、「文法ノート」の部分がありますが、文法の解説というより、特有の言い回しなので英語でいえばイデオムのようなものです。これをさらっと、英分で説明してありますが、その説明がシンプルすぎて粗いです。これで外国の方は理解できるのだろうかと感じます。例文は当然ながらすべて標準語ですが、口語が混じっています。一応、polite form, plain form の説明はありますが、日本語として、この日本語の例文を読んでなんかしっくりしないです。今はこの表現、言い回しは使わないなあと思うものもあります。日本語がよくできる外人さんと仕事で話す機会がよくありますが、突然、変な日本語の言い回しを使うときがあります。変な日本語テキストで変な日本語で覚えたのが原因なんだろうなあと思います。 逆に、我々が学校の英語授業で今はもう使わない言い回しを覚えて、外国に行ったら、まったくそのような言い回しはしてなくて恥をかくことがあります。これと同じことかもしれません。