kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「表現英文法GFE」



この本も図書館で借りました。この本は、「表現英文法 増補改訂版」が発行されていますが、今回は初期版だと思います。タイトルが「表現英文法」なので、日本文を英訳するときに使えるかなと思って内容を確認しましたが、普通の英文法の参考書という感じです。載っている例文について、すべてではありませんが、演説とか新聞記事など長いのが多く良い参考になります。ただ、日本語のニュアンスを英語で正しく、さらに上手に具体的にどのように表現したらいいのか、日本語→英語に訳すときの参考書としては、この本はあまり役に立たないと思います。そのあたりの記述が少ないというか、一般手な参考書と同じく、「~だから~である」の単調な説明です。では、この本の厚みから、普通の英文法の参考書として使えばいいのではと思いましたが、それには、ページ数の割には、もう一歩深い解説はなく、基本的な内容ばかりです。ただ、この厚みで1800円+税は安いと思います。


もし、英文法だけなら、「一生モノの英文法COMPLETE」がまだいいかなとも思います。ただし、英語の文構造に関して完璧に理解したい人にはお勧めの本ですが、倒置、二重否定、部分否定の章の説明が少ないです。(ご参考👇)







#本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119