kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「今日から読みます 英語100万語」

この本も図書館で借りてきました。内容は、日本にいながらにして自然な英語に大量に触れることのできる画期的な「SSSの100万語多読法」についてその理論と実践方法を紹介しています。著者いわく、多読の基本原則は、1.辞書はひかない、2.わからない単語は飛ばす、3.つまらなくなったら後回しの3つ、とのことです。タイトルの「英語100万語」という数字ですが、確かに多く読めば読むほど効果は上がるとは思いますが、最初にある程度は単語力がないと、「わからない単語は飛ばす」をやっていたら、本の内容がよくわからないので、面白くなく結局、続かないと思います。この本の後半の実践編では、多読を進めるためのポイントとなるやさしくおもしろい本がレベル別、系統別に400冊以上紹介されています。自分の経験上、小説は当然ながら日常で使われている口語や言い回し、特有のイデオムが出てくるので単語自体は簡単でも意味を正確に取れないことがあります。英語を使う仕事をしている人でも、メール打ったり、英語で議事録読んだりできても小説を読むのは苦手な人が多いと思います。多読をするにはまずは単語力(イデオムも含む)だと思います。確かに、様々な種類の英語の本が読めるようになれば、楽しい世界は広がりますが、多読をしたからといって単語力の劇的な向上にはつながりません。分からない単語は、分からないままです。その中に出てくる単語をきっちりとその場で覚えた方が英語力がアップし、そこでまた多読が続けられるようになると思います。