kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

英会話表現【細かいことにこだわりのある人】

世の中には、細かい事にこだわりのある人がいます。そんな人のことをどうように英語で表現すのるか?図書館で借りた数冊の英会話の本で載っていた内容をまとめました。


「細かいことにこだわる」の意味でよく使われる形容詞が [picky]です。
発音をカタカナで表わすと、「ペキィ」近いです。
主に下記の2つの表現があります。


① so + 形容詞 のパターン
② such + a/ an + 名詞 のパターン




① so + 形容詞 のパターン


You are so picky. (あなたはほんとに細かいことにこだわるね。)
Stop so picky! (細かいことにこだわるのは止めてよ!)



② such + a/ an + 名詞 のパターン


She is such a picky eater. (彼女は食べる事にこだわる人だよ。)
She is such a picky shopper. (彼女は買い物にこだわる人だよ。)


この2つの表現は基本的に同じ意味ですが、ほんの少しニュアンスが違います。


①の表現は、「彼又は彼女は、〇〇〇にこだわる人だよ。」という事を言いたい場合に使うのですが、事物の性質・状態または心情・感情などを表す形容詞が使われます。
例えば、なるほど彼は食べる事にはこだわる性質なんだと今、とわかって、それを人に言う場合に使われます。


②の表現は、「彼又は彼女は〇〇〇にこだわり屋さんだよ。」と彼又は彼女のことを以前から、「〇〇〇にはこだわる人、細かい人」である事を知っていて、確信し、それを決めつけて人に言う強いニュアンスをもっています。


動詞を名詞化して「~する人」とする場合、周知の事実でほとんど断定した言い方です。形容詞を変化させて強めているわけではありません。動詞の名詞化をして、その名詞に対してさらにsuch a ~ を追加した形に形容詞をつけて強いニュアンスを与えています。


(注意)ビジネスの場合では実際に直接、相手にこのような表現を使うことはありません。とても下品な表現です。直接相手に言うのではなく友達同士の間で彼、又は彼女のことを言うときに使うくらいです。