kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:【英語ヒアリング特訓本】 アメリカ英語の「T」の音は5パターン

図書館で英語の発音関係の本を数点借りました。「英語ヒアリング特訓本」はその過去に買った本です。特にアメリカ英語の「T」の音について簡単にまとめてみました。


アメリカ英語の「T」の音には5パターンあると言われています。


*5パターンを説明するのが主旨なので、発音記号ではなく、「カタカナ表記」を使用します。「英語の発音=カタカナ」ではないのであくまも参考として下さい。



「Tの発音の変化5パターンについて」 


まず、基本の[t]の発音は、舌の先を上の歯茎につけて息を止め急に出して「トゥッ」の破裂音です。この時、[u]が付かないように気をつけること。「トゥ」は×。



パターン1;


語の頭、又はアクセントのあるTはしっかりと発音する。上記の基本の [t]の発音。
Training TennisなどTが単語の頭の場合。
またはCertainのように単語の頭でなく単語の中でもTにアクセントがある場合。
これらの場合は、しっかりと上記基本の[t]の発音をする。中学で習う唯一の[t]の発音です。


パターン2;


語尾にTがある場合。上記基本の[t]の発音「トゥッ」を発音するまで持っていくが寸前で発音を止める。Tの発音する口の形にはするが、しっかりと最後までは発音しないで舌を急に止める感じです。
語尾にTがあるGood night (グッナイ)。「グッドナイト」とは発音しない。
nightのtが殆ど発音されない状態になります。また、Goodのdについて、なぜdが聞こえなくなるのかはtとdは同じ発音系列の仲間であり、tの有声音がdである為、同じ現象が起こります。語尾のdは聞こえなくなります。
よく使用するwhat, cutなど語尾がTで終わる単語は数多くありますがtは発音されない現象が起こります。



パターン3;


語中、又は文中のT(アクセント無し)はDの音になります。基本の [t]の発音がとても弱くなった現象でDの音に聞こえます。日本語のラリルレロに近い感じになります。
Meeting (ミーディン)
Bottle (ボロゥ)
Little (リルゥ)
Better (ベラァ)
Letter (レラァ)
(英国人はLetter 語中tをどうしても発音しようとします。「レツァー」のような感じに聞こえます。)
また、tが語と語の間にあって、そのtにはアクセントがない場合、tはDに近い音になります。
Check it out.(チェキダゥ) Put it out.(プリダゥ) Put it on (プディドン)
もっと話すスピードが速くなった場合は、Check it out.(チェキラゥ) Put it out.(プリラゥ) Put it on (プリィロン)のように聞こえる感じになります。
(Tの音の変化で「t→d→l 変化の法則」があります。)



パターン4;


TがNの前にある場合。Tの音が無くなってNの音だけが残る。但しこのときのNの発音は喉の奥で出す感じ。
Mountain (マウッン) 語で表示すれば moun’n を発音する感じ。
Curtain (カーウッン)語で表示すれば cur’n を発音する感じ。
Written(リルン)
Certain (サーツン)
Tは無いとイメージして発音すれば近い感じになります。



パターン5;


TがNの後にある場合。Tが無くなる。(Tの脱落)完全に聞こえなくなります。
Winter (ウイナァ) 英単語のwinner(勝者)と同じ音になります。
Internet (イナネッ)殆ど「イナネ」と聞こえます。
Interview (イナヴュ)
counterpart(カウナパァ)


on that... (オナッ)thが脱落。
in the morning (イナモーニン)thが脱落。「in a morning」 のように、theが aに聞こえます。





👇 これが「英語ヒアリング特訓本」です。かなり前に購入した本。とても役に立ちましたが、今はもっといい本が出版されていると思います。
カセットテープ(2本)が付いていましたが、無くなってしまいました。




👇「英語ヒアリング特訓本」に載っているtの発音に関する箇所。この本は発音記号とカタカナを用いて詳しく書いてあるので発音をイメージしやすい。今はYoutubeなどの動画で発音の仕方を映像や音声で聴けるのでもっと効率よい勉強ができると思います。






👇書籍:「発音の基礎」です。 図書館で借りた本をコピーしたもの。基礎はとなっていますが、内容な濃く詳細に解説されています。発音記号は国際音声記号(IPA)が用いられています。かなり古い本なので今はもう出版されてないと思います。




さて、前述でアメリカ英語の「T」の音について説明しましたが、よく使う「TO」についても同様に音が変化します。


*下記カタカナでの音の表記は日本語のカタカナの音とは違います。あくまでも近い音の参考としてください。


1)「トゥ」←一般的な音


2)「タ」


3)「ダ」


4)「ァ」



5)ラ行(ラリルレロ)「t→d→l 変化の法則」*究極の音の変化です。



want to  ワダァ ➡ ワナァ


上記1)が最終的に上記4)に変化している。「ワダァ」の「ダ」が落ちて、nとtがくっついて「ナァ」になっている。 表記すると「wanna」。


wanted to  ワンテッダ ➡ ワネダ


wantedのtも落ちて、「ワナダ」「ワニダ」のようにも聞こえる。



going to  ゴダァ ➡ ゴナァ


上記1)が最終的に上記4)に変化している。「ゴダァ」の「ダ」が落ちて、gとtがくっついて「ナァ」になっている。 表記すると「gonna」。



I live close to the station.


「クローサァ」➡「クローサァ



To tell you the truth, there's no one to talk to.


 テリュー・・ ノーワン・・トウクトゥ



最初の「タ」は、話す最初の言葉で、次に続く言葉を早く言うため、上記2)へ変化している。この最初に始まる「タ」を「ダ」と発音することはない。2番目の「ダ」は、文中のため、「タ」がさらに変化して「ダ」になっている。最後の「トゥ」は、これ以上言葉が続くことはない最後のtoなの音は変化しないし、させる必要はない。



What are you going to do?


ァ ヤ ガナ ドゥ 


「ワリュゴナドゥ」に聞こえる場合もあります。



What の「t」が上記3)の「ダ」の音に変化している。



究極のラ行(ラリルレロ)への変化、「t→d→l 変化の法則」では「ワリュゴナドゥ?」のように映画などでよくこのような発音がされている。


*「t→d→l 変化の法則」の「l 変化」の「l」は「L(エル)」のことです。つまり、カタカナ音のラ行(ラリルレロ)に近い音です。


「t」➡「d」に変化し➡さらに最終的に「l」に音が変化します。「t→d→l 変化の法則」


letterが「レァ」➡「レァ」➡「レァ」のように。



*************************************


中学生の頃、自分が聞き取れないことを棚に上げて外国人の先生に「先生はどうして早口なの?」と質問したことがります。当時、その先生から発音の変化について教えてもらたったことがあります。かなりざっくりとした基本的な内容です。


細かいことはまったく説明することなく、英語を大胆にもたった2種類に分けることが出来ると教えてくれました。


それは、「内容語」(Contents Words)と「機能語」(Function Words)です。


英単語はすべてこの2つに分けることができるといものです。


内容語(Contents Words)とは、


名詞(Nouns)代名詞も含む。
動詞(Verbs)
形容詞(Adjectives)
否定語(Negatives)


上記の内容語は相手に情報や意味を伝えるために重要な単語なので、絶対に分かるように大きな声ではっきり話すようにと言われました。


大きな声とは具体的には上記の内容語は、特に強調して声を大きく、長く発音します。要するに内容語は相手に絶対に聞こえるように言う。考えてみれば当然かもしれません。


名詞は文の最も大事な情報で、これが聴こえなかったら相手は何の話か分からない。否定語(noやnotなど)が聴こえなかったら、「~でない。」「~である。」のか相手は分からないし話すこと全体が伝わらない。形容詞は名詞を飾る役目なので、個人的にはそんなに強調しなくも大丈夫なのではないかと今でも思っています。それと動詞を修飾する副詞は内容語には入ってないので、これもそのはっきりした理由を先生に当時、質問するのを忘れました。


大人になって、英語を使う仕事に就いたとき会社の先輩から指示を受けたのは、「名詞と動詞だけは必ず大きな声で、それと否定語を使うときは特に強調してはっきりと伝わるように。」と後にも先にもこれだけした。


さて、機能語(Function Words)とは、


前置詞(Propositions)
助動詞(Auxilliary)
冠詞(Articles)


これらの単語は極論すると話すときどうでもいい言葉で、「できるだけ短く、早く、弱く発音するように。」と言われました。機能語を早く発音するので、「日本人には英語を話す人が早く聞こえるのではないか?」とも言われました。



強く発音する内容語と弱く発音する機能語とくっついてしまうので、このあたりが日本人にはわかり難い点だと教えてもらいました。


例)If you -  「イフユー」と言ってしまえばしまいがちですが、if の
iが取れ、fだけになり、弱い「フ」になって、youのuの部分「ユ」が協調されて、「フ」と「ユ」が合体して、「ヒュウ」のように聞こえます。




ボキャブラリーを増やすことも並行にすれば、「ヒアリング」強化につながります。
特に接頭語・接尾語をパターンと意味を学習すると語彙力は飛躍的に向上します。



接頭語・接尾語については下記の通り大きく3つのパターンに分けることができます。


接頭語は、1)数・大きさ 2)時間・場所 3)モノの関係


接尾語は、1)「動詞」をつくる 2)「名詞」をつくる 3)「形容詞・副詞」をつくる



接頭語
1) 数・大きさ(大、小、半分など)
uni- mono- (単数)
di- bi- deca- (数字の2、2つ)
multi- macro- mega- (おおきい)
mini- maxi- midi- (小さい)
omni- pan panto- (すべての)
demi- hemi- semi- (半分)


2) 時間・場所(中へ、周り)
pre- fore- pro- proto- ante- (時間的に前、予期)
extra- ex- ultra- (~を超える)
circum- dia- radio- (周り、放射)
super- sur- (超える)
trans-(横切る)
inter- (相互)
astro- cosmo-(天文の)
tele- (遠くへ)


3) モノの関係
re- (再度)
com- con- co- syn- sym- (同じ、同時)
anti- contra- counter (反対)
phil- (愛→哲学)
un- in- non- a- (否定)
mis- (間違って)
a- 前置詞of, onの弱まったもの
manu- ped(i)- (手、足)


接尾語


1)「動詞」をつくる


-ize 形容詞、名詞について自動詞、他動詞になる。
*さらにtionがついて名詞化 -ization



-ate  ~させる、~する
*さらにtionがついて名詞化 -ation


-fic -fy  ~をつくる、 ~をもたらす
*さらにtionがついて名詞化 -fication



2)「名詞」をつくる


-er, -ee ~する人
-ess -ette / -ine -trix   女性の人、男性の人
-y -ie -ey -ling -en -kin -et  小さい、かわいらしい
-ness -th -hood -ship -dom  主観的なもの(性質・状態)
-ment -al -ade    動作、行為
-ism -ist   主義、従事する人
-ary -arium -arius -ory -ery   関係、所属
-logy -nomy  言葉、習慣、法
-gram -graph -graphy 描かれたもの



3)「形容詞・副詞」をつくる


-like -ly –ish ~のような
-ive -ory ~の性質をもつ
-ous -ose ~の多い、~性の、~に似た
-y +名詞で~の特徴のある、+動詞で副詞に
-ic -ical -ics ~に属する、~に関係する、~の性質の
-al ~の性質をもつ、 ~に関係する
-ful -less  ~に満ちた、~のない
-able -ible  ~できる(他動詞について)
-fold -ple -ce 倍、重 -ceは once, twice, thriceのみ
-ese -ite ~風の、住民 信奉者
-ly -wise 形容詞について副詞 ~の仕方で




接頭語・接尾語についてさらに詳しく下記へ解説します。



接頭語
ad, ac, af, al an, ap, ar, as, at = to, toward, in the direction of –
後ろにつづく文字によって、ad, ac, af,など変化するのでaに注目すること。
概して否定の意味を持つ単語は少ない。


con, com, col, cor = together, utterly
共に、共同、同時、正のなどの意味を持つ単語が多い。


de = not, separation, down, reversal
down, off away, off,など意味を持つ概してマイナスのイメージ
の単語が多い。単語の意味を強調するutterly意味をもつ場合もある。
de-は変化しない。


dis, di, dif = off, away
de-と同じく概してマイナスのイメージの単語が多い。
dis-は変化する。また、de-(下へ)の意味があるがdis-にはない。


ex, e = out
「外へ」「離れて」のイメージ。単語の意味を強調するutterly意味をもつ場合もある。
exは変化し、eだけの場合もある。
従ってeで始まる単語はexの可能性もあるので注意。
emotion(感動)= exでありoutを意味し、out+motionで「感動」。
単語の意味を強調するutterly意味をもつ場合もある。


in, im, il, ir = in, not
「中へ」「~ではない(否定)」のイメージの単語が多い。


ob, oc, of, op,= to, toward, over, against
アルファベットのO自体に「目的」の意味があり、「~の方向へ」「~に向かって」の意味を持つ単語が多い。
但し、ob, oc, of, op,にはtowardとagainstのように真逆の意味もあるので注意。


per = through
「徹底的に」「完全に」のイメージの単語が多い。
perは変化しない。
pre = before
「~の前に」「~に先立って」のイメージの単語が多い。
preは変化しない。


pro = forward
「前に」「前へ」のイメージの単語が多い。
preは変化しない。


re = again, back
「再び」「後ろへ」「離れて」「反射」「反復」のイメージの単語が多い。
reは変化しない。


sub = under
「下に」のイメージの単語が多い。
suc, suf, sug, supで始まる単語はsub = underが変化した場合が多い。


trans = over, through, across
「運ぶ」「移す」「送る」のイメージの単語が多い。



接尾語について


「動詞」をつくる接尾語


-ish = ~にする
publish(出版する)flourish(栄える)
*名詞、形容詞にも-ishで終わる単語もあるので注意。


-ize = ~化させる、~という状態になる、~になる
modernize(現代化する)


-ate = ~させる
isolate(孤立させる)
*名詞、形容詞にも-ateで終わる単語もあるので注意。


-fy = ~させる、~にする、~化する
satisfy, amplify


-en = ~する、~させる
*名詞、形容詞の語尾について「~する」「~させる」の意味になる。
brighten, widen, shorten


-le = 小さいこと、反復の動作を表す
trinkle(きらめく) chuckle(クスクス笑う)


-er =反復の動作を表す
glitter(ピカピカ光る)
*名詞に-erで「~する人」があるので注意。


「形容詞」をつくる接尾語


-tive, -ive = ~することができる、~する
例)inclusive= -that include, that can include


talkative(おしゃべりの) communicative(話好きの)


-ous = ~を引き起こす、~で満ちた
例)dangerous = causing danger, full of danger


envious(ねたみ深い)


-ical = ~的、~に関する
political, technical


-ful =~で満ちた、~を引き起こす
powerful, thankful


-al, -ial=~に関する
artificial(人口の)industrial(産業に)


-able,-ible=~されることができる「可能」と「受け身」の意味をもつ。
例)respectable= -that can be respected


changeable, available, reasonable



-ate ~でいっぱいの、~の性質を帯びた
passionate(情熱的な) fortunate(幸運に満ちた)


*動詞にも-ateの語尾があるので注意。




-ed = ~を持った、haveの意味がある
例)cool-blooded(冷血の)= having cold blood


talented(才能のある) gifted(才能のある)


-ing =現在分詞の形容詞的用法
動詞が進行形(現在分詞)になって、形容詞として用いる


promising(有望な)accommodating(親切な)


-ly=~のような(態度、性質、様相)
womanly, costly


-ary = ~に関する
customary(習慣の) temporary(一時的な)


-some = ~を生み出す、引き起こす、~好きな、~する傾向がある
quarrelsome(ケンカ好きな)troublesome(問題が多い)


-like =~のような、~らしい
businesslike(事務的な)


-less=~がない、否定を表す
valueless(価値のない)


-ite=意味なし。形容詞でよくある語尾
*名詞で語尾が-iteもあるので注意。


favorite, polite, infinite(無限の)


-ic =~の、~のような、~と関係がある
domestic, economic


-ory ~の性質を帯びた
compulsory(強制的な)satisfactory


-ish =~のような、~の性質を帯びた
childish(子供らしい)
*動詞の語尾に-ish(~にする)があるので注意。


-y = ~でいっぱいの、~の性質を帯びた
名詞+y
cloudy, bloody


-ine=~の性質を帯びた
feminine(女性の)divine(神聖な)


-ile = ~に関した、~しやすい
juvenile(青少年の), fragile(こわれやすい)


-ique, -esque = ~様式の、スタイルの、~のような
picturesque(写真のような)antique(古代の)


-most = 最も~する
topmost(最上の)utmost(極度の)


-id = 特殊するような意味はなし。形容詞でよくある語尾
stupid, rapid, solid


-ar = ~の、~に関係する
popular, similar


-fold = ~倍の、 ~重の
twofold(2重の)manifold(多種多様の)


-ant, -ent = ~する
expectant(期待している)insolent(横柄な)


-ior = ラテン語の比較を表す
superior, inferior, junior, senior




*「名詞」をつくる接尾語


-ment = 抽象名詞を表す
movement, treatment(待遇)


-cy = 抽象名詞を表す
policy, intimacy(精密さ)


-al = 抽象名詞を表す
approval, arrival, survival


-ry = 抽象名詞を表す
luxury(贅沢)


-ity = 抽象名詞を表す
originality, reality


-ism = 抽象名詞を表す
optimism(楽観主義)pessimism(悲観主義)


-ice = 抽象名詞を表す
service, justice


-age = 抽象名詞を表す
storage, usage


-ness = 抽象名詞を表す
kindness, happiness


-hood= 抽象名詞を表す
childhood(幼少時代)


-ship = 抽象名詞を表す
friendship, scholarship(奨学金)


-or = 抽象名詞を表す
behavior, humor, fever


-ion = 抽象名詞を表す
translation, protection


-ure = 抽象名詞を表す
pressure, failure


-y = 抽象名詞を表す
delivery, harvest, discovery



その他の「名詞」をつくる語尾語


-ry 集合名詞を表す。
machinery(機械類)


-lot 「小さい」を意味する
pamphlet, leaflet


-cracy 政治の形態
democracy, autocracy


-ory 場所
factory, territory