kazu4000のブログ / 読書日記

語学系、歴史関係とフェチな本が好きです。
本は図書館から借りてます。常に何か読んでいる活字中毒です。

書籍:「英語でわかるドイツ語入門」について


この本も図書館で借りてきました。今まで習ってきた英語をベースに、簡単な英語でドイツ語と対比することによって学習効率を上げるようになっています。英語での例文を見れば「なるほど、ドイツ語はこう表現するんだ!」という頭に入りやすい発見があります。 簡易なドイツの例文や日常会話にそのまま使える表現で、文法の基礎はこれで充分ではないかと思います。英文法での基礎から仮定法、完了形にあたる文法までしっかりと網羅されています。





英語とドイツ語の対比をほんの少し紹介すると、例えば、英語のbe動詞変化をドイツ語で表すと下記の通りです。





単 数
I am → ich bin
You are → du bist
He is → er ist
She is → sie ist
It is → es ist
複数
We are → wir sind
You are → Sie seid
They are → sie sind


sing(歌う)のドイツ語singenの動詞変化



単 数
I sing → ich singe
You sing → du singst
He sings → er singt
She sings → sie singt



複 数
We sing → wir singen
You sing → Sie singt
They sing → sie singen


英語に比べてドイツ語には特有の動詞形態があります。





英語で、We listened to him. のtoは前置詞で必ずlistenの次にきますが、ドイツ語では、Wir hörten ihm zu.のように文末にきます。(分離動詞と呼びます。)また、再帰動詞についても、


He fell down and hurt himself. に対してEr fiel hin und verletzte sich.のように対比させて解説しているので頭に入りやすいです。


また、英語では目的語のない完全自動詞は受動態にはできませんが、ドイツ語では動詞の表す動作を強調するために受動態にする場合があります。


受動文での主語はes (英語でいうit)が用いられるが、このesは文頭の場合以外は省略されます。



Heute abend tanzt man.  能動態





Es wird heute abend getanzt. 受動態



さらにEsが省略されて、



Heute abend wird getanzt. となります。



「今晩ダンスがある。」 *文は受動態ですが、当然ながら「~される」と訳すことはできません。



この本の後ろにリーデイングの練習があります。このCDも販売しているようなので入手して耳から聴いて覚えるが効果的だと思います。



(注)この本は図書館で借りた本(95年度版)なので現在の本は改訂されたりしてさらにいい本になっていると思います。